ホーム・ネイションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスのホーム・ネイションズの地図。白: イングランド、黄: 北アイルランド、青: スコットランド、赤: ウェールズ

ホーム・ネイションズ: Home Nations)は、文脈に依存して2つの意味を持つ総称である。政治的には、連合王国イングランド北アイルランドスコットランドウェールズ)の構成国のネイション(nation)を意味する。スポーツでは、もしそのスポーツがアイルランドラグビー協会英語版のようにアイルランド島全体を代表する組織によって統括されていれば、「ホーム・ネイションズ」はグレートブリテン島を構成するネイション(イングランド、スコットランド、ウェールズ)と総体としてのアイルランドネイションを指す。この二重の意味は1800年から1922年までの間全域が連合王国に含まれていたアイルランドの分割英語版から現在まで続いている。ホーム・カントリーズ (home countries) という用語も同義語として使用されることがある。

この用語は英国自転車連盟英語版によって、コモンウェルスゲームズに参加する連合王国および王室属領マン島ジャージーガーンジー)の7チームを示すことにも使用される[1]。王室属領は連合王国の一部ではない[2]

サッカー[編集]

アソシエーションフットボール(サッカー)では、ホーム・ネイションズは元々連合王国の4代表チームを示していた。これらのチーム(イングランドアイルランドスコットランドウェールズ)はホーム・ネイションズと呼ばれていた。今日では、フットボール・アソシエーション・オブ・アイルランドサッカーアイルランド共和国代表を組織し、アイリッシュ・フットボール・アソシエーションサッカー北アイルランド代表を組織する。

2005年から、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4サッカー協会間で2012年ロンドンオリンピックで組織されるイギリス代表にそれぞれの協会に所属する選手の参加を認めるかについて議論が続いている。イングランドサッカー協会 (The FA) およびニュースメディアは議論に参加するメンバーを単純に説明するのに「ホーム・ネイションズ」という用語を使用している[3][4]

ラグビーユニオン[編集]

1883年、初のホーム・ネイションズ・チャンピオンシップ英語版イングランドアイルランドスコットランドウェールズの間で開催された。アイルランドの歴史のこの時点で、アイルランドはまだイギリスの統治の下にあり、ゆえにアイルランド代表はホーム・ネイションズと呼ばれた[5]。1910年、フランスは公式にこの大会に参加し、ファイブ・ネイションズ・チャンピオンシップと改称された。北アイルランドおよびアイルランド自由国(後のアイルランド共和国)への分割にもかかわらず、アイルランドは全アイルランドを代表する単一のナショナルチームを持ち続けており、ゆえにもはや連合王国のホーム・ネイションではないにもかかわらず、今でもホーム・ネイションと呼ばれることがある。フランスが1932年の大会から追い出されると、大会名は1939年のフランスの復帰までホーム・ネイションズ・トーナメントに戻った。その後、第二次世界大戦によって大会は1947年まで中断された。2000年にイタリアが参加してからは、大会名は現在のシックス・ネイションズ・チャンピオンシップとなっている。

ホーム・ネイションズのチームが他のホーム・ネイションズ3チームに勝利を収めることを三冠英語版(トリプルクラウン)と呼ぶ。ホーム・ネイションズはまたブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズとして知られる合同チームを結成する。ホーム・ネイションズ全4チームに一度の遠征中に勝利した南半球のチームはグランドスラム英語版を達成したと言われる[6]

脚注[編集]

  1. ^ British Cycling. “Regional & Home Country Postcodes”. 2011年11月22日閲覧。
  2. ^ Key facts about the United Kingdom”. Government, citizens and rights. Directgov. 2008年6月26日閲覧。 “The full title of this country is 'the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland'. 'The UK' is made up of England, Scotland, Wales and Northern Ireland. 'Great Britain' (or just 'Britain') does not include Northern Ireland. The Channel Islands and the Isle of Man are not part of the UK.”
  3. ^ Possible Team GB?”. official website of the English FA. 2010年11月16日閲覧。 “Ideally we would like to work with the other Home Nations but even if they decide not to take part our commitment is unchanged.”
  4. ^ Magnay, Jacquelin (2010年5月26日). “London 2012: Hugh Robertson puts Home Nations football team on agenda”. The Daily Telegraph. 2011年11月24日閲覧。
  5. ^ Official RBS 6 Nations Rugby : History”. IRB. 2010年10月12日閲覧。 “Victory by any Home Nation over the other three Home Nations is a 'Triple Crown'.”
  6. ^ Mortimer, James (2010年4月5日). “A look at the All Blacks touring Grand Slams”. allblacks.com, the official website of the All Blacks and NZ Rugby. 2011年2月14日閲覧。

関連項目[編集]