ホットク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鉄板の上でホットクを焼く

ホットク호떡)は、韓国の料理の一つ。

概要[編集]

韓国では主に冬季、間食系の屋台などで売られている、安価で庶民的な菓子料理である。一言でいえば、中に甘いが入ったホットケーキのようである。日本の「おやき」に近い。「ホットク」とは胡(=中国)の餅(トック)を意味し、19世紀末に移民して来た中国人商人が生み出したものとされている。韓国では人気のある屋台には行列ができるなど広く親しまれており、日本でもコリア・タウンで販売されていることがある。

作り方[編集]

小麦粉もち米粉で作った生地で、餡となる黒砂糖シナモン饅頭のように包み、多めに油を敷いた鉄板の上で揚げるように焼く。途中、ホットクヌルゲ(호떡 누르게/ホットク押し器)と呼ばれる専用の器具で押さえつけ、平たく整形する(写真参照)。簡単な屋台では袋などは用意されず、客は厚紙を折ったもので挟んで受け取る。焼きたては中で黒砂糖が蜜状に熱く溶けており、もちろんそれが魅力なのではあるが、食べる際に注意が必要である。屋台で売られているホットクは生地を一次発酵させてから焼いたものが多いが、同様の工程を家庭で行うと時間がかかるため、スーパーなどで売られている家庭用ミックス粉にはドライイーストが添付され、焼き上げる前の発酵時間を短縮あるいはゼロにしたものがある。

断面

バリエーション[編集]

ホットクにはさまざまなバリエーションがある。生地にトウモロコシ粉を使ったものや緑茶を練りこんだもの、餡に蜂蜜小豆餡などを使ったものや、ゴマナッツ類、類を入れたもの、また油を使わずに焼き上げるもの[1]や、中に何も入れずに生地だけを膨らませて焼いたもの[2]なども登場している。

脚注[編集]

  1. ^ ホットッ食べ比べ2007!! ソウルナビ
  2. ^ ホットッ ソウルナビ

外部リンク[編集]

ホットク(屋台の定番おやつ) : ソウル市観光公式サイト(日本語)

関連項目[編集]