ホキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホキ
Macruronus novaezelandiae.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: タラ目 Gadiformes
: マクルロヌス科 Macruronidae
: ホキ属 Macruronus
: ホキ M. novaezelandiae
学名
Macruronus novaezelandiae
(Hector, 1871)
和名
ホキ
英名
Blue grenadier
hoki
blue hake
New Zealand whiptail
whiptail
whiptail hake

ホキマオリ語:hoki)はオーストラリア南部からニュージーランド近海の水深10-1000mに生息するタラ目マクルロヌス科の魚。

学名のMacruronus novaezelandiaeは「ニュージーランドの大きな尾」を意味する。

かつてメルルーサ科(Merlucciidae)に分類されていたが、近年では独立したマクルロヌス科(Macruronidae)に分類されることが多くなった[1]

形態[編集]

体長60-120cm。姿はソコダラに似て、大きな眼球を持ち、非常に細長い先細った体は、第二背鰭尻鰭と癒合した尖った尾鰭で終わる。第一背鰭は短く尖る。

背側の体色は淡い青緑色で、側面と腹側は銀色、は黒ずむ。

生態[編集]

魚を食べる肉食性であり、大きな口には鋭い尖った歯があり、ハダカイワシを主な獲物とするが、甲殻類イカも食べる。

6-7月ごろ産卵する。寿命は12-14年ほどである[2]

利用[編集]

ニュージーランドのみでなく、全世界に流通する食用魚であり、一般的な白身魚である。持続可能な漁業のためにホキ漁業は海洋管理協議会の認証を受けている[3][4]

マクドナルドではフィレオフィッシュにホキ、タラスケトウダラの3種が使われている。とくにホキは年間700万キロ(7千トン)も使われており、絶滅の危機を迎えている[5]

ホキの減少により、ロング・ジョン・シルバーズはホキの使用を止め、デニーズは使用をニュージーランドに限定している。また、マクドナルドはホキの使用量を減らしたが、漁獲枠が増加すれば、今後増やす可能性があるとしている。日本のマクドナルドではスケトウダラが使用されている[6][7]

ほっともっとでは、のり弁当白身魚のフライの原料として使用している。また、ニュージーランドに限定している[8][9]

脚注・出典[編集]

  1. ^ ホキという魚について教えてください。”. 農林水産省. 2012年9月9日閲覧。
  2. ^ 『図説 魚と貝の大事典』 望月賢二監修 魚類文化研究会編 柏書房 1997年 347頁
  3. ^ ニュージーランドのホキ漁業がMSC環境基準の再認証を取得”. 海洋管理協議会. 2012年9月9日閲覧。
  4. ^ アルゼンチンのホキ漁業がMSC認証取得”. 海洋管理協議会. 2012年9月9日閲覧。
  5. ^ “マクドナルド “フィレオフィッシュ” にも使われている深海魚が絶滅の危機”. サーチナ. (2009年9月12日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0912&f=national_0912_014.shtml 2010年6月20日閲覧。 
  6. ^ クーリエ・ジャポン 2010年4月号p.38-39
  7. ^ 日本マクドナルドメニュー情報 フイレオフィッシュ 2012年6月29日閲覧。
  8. ^ シルシルミシルさんデー』2012年2月12日
  9. ^ ほっともっと公式サイトのり弁当のこだわり 2012年6月29日閲覧。