メルルーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メルルーサ科
Merluccius bilinearis.jpg
メルルーサの一種『シルバーヘイク
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: タラ目 Gadiformes
: メルルーサ科 Merlucciidae
英名
Hake

Lyconodes
Lyconus
Macruronus ホキ属
Merluccius メルルーサ属
Steindachneria

メルルーサスペイン語Merluza、学名:Merluccius)は、タラ目メルルーサ科の海水魚の総称である。

近縁のタラ目の魚ホキは以前メルルーサ科に分類されていたが、今日ではマクルロヌス科に分類されている。

概要[編集]

英名はヘイクHake)で、ケープヘイクアルゼンチンヘイクニュージーランドヘイクなど13種の総称。スペインでは、幼魚がペスカディーリャ(Pescadilla)と呼ばれる。

いわゆる深海魚で、アフリカ南アメリカニュージーランドなどの沿岸、水深200-400mの大陸棚の斜面に生息する。

特徴[編集]

体長約0.9-2m。形はスケトウダラに似ており、また、身には細かな茶褐色の斑点が存在する。

食材[編集]

味はタラに近い。一般的には切り身として売られており、また白身魚のフライ粕漬け、味噌漬とする他、すり身の材料や干物などにも用いられる。

安価であることから、外食産業学校給食などの加工食品に用いられる白身魚としても定着している。また、かつてはマクドナルド社の「フィレオフィッシュ」の原材料であったことでも知られている。

関連項目[編集]