ホウシャガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホウシャガメ
ホウシャガメ
ホウシャガメ Astrochelys radiata
保全状況評価[a 1][a 2]
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: カメ目 Testudines
亜目 : 潜頸亜目 Cryptodira
上科 : リクガメ上科 Testudinoidea
: リクガメ科 Testudinidae
亜科 : リクガメ亜科 Testudininae
: ホウシャガメ属
Astrochelys Gray, 1873
: ホウシャガメ A. radiata
学名
Astrochelys radiata (Shaw, 1802)
シノニム

Testudo radiata Shaw, 1802 Testudo desertorum
Grandidier, 1869

Testudo hypselonata Bourret, 1941

Geochelone radiata
Loveridge & Williams, 1957

和名
ホウシャガメ
英名
Radiated tortoise

ホウシャガメAstrochelys radiata)は、爬虫綱カメ目リクガメ科ホウシャガメ属に分類されるカメ。本種のみでホウシャガメ属を構成する。別名マダガスカルホシガメ

分布[編集]

マダガスカル南部[1][2][3]固有種フランスレユニオン)、モーリシャスに移入[1][2]

形態[編集]

最大甲長40センチメートル[1][2][3]。体重約4.5キログラム。オスよりメスの方が大型になる。背甲はドーム状に盛りあがり[2]、上から見るとやや細長い[1]。甲板は成長輪が明瞭だが、老齢個体は磨耗し不鮮明になることもある[1]項甲板はやや大型[1]。後部縁甲板は鋸状に尖ってやや反りあがり、左右の第12縁甲板は癒合する[1]。背甲の色彩は黒や暗褐色で、孵化直後からある甲板(初生甲板)の色彩は黄色や橙色[1]。初生甲板の周辺には放射状に黄褐色の筋模様(椎甲板や肋甲板は4-12条、縁甲板は1-5条)が入る[1]。種小名radiataは「放射状の」の意で、和名や英名と同義。老齢個体では放射状の模様が不明瞭になることもある[1]。左右の喉甲板は癒合せず、やや前方に突出する[1]腹甲の色彩は黄色や黄褐色で、肛甲板(喉甲板に入る個体もいる)には放射状に暗褐色の斑紋が入る[1]

頭部は中型[1]。吻端は突出せず、上顎の先端は鉤状に弱く尖る[1]。頭部の色彩は黄色で、後頭部に暗色斑が入る[1]

分類[編集]

以前はリクガメ属に含まれ、属内ではヘサキリクガメに最も近縁な種とされていた[1]。核DNAおよびミトコンドリアDNA塩基配列分子系統学的解析から本種とヘサキリクガメの2種はリクガメ属の他種とは近縁ではなく、セーシェルや同じマダガスカルに分布するクモノスガメ属セーシェルゾウガメ属に近縁と推定されたためリクガメ属から分割する説が有力[3]最尤法による分子系統学的解析では本種とヘサキリクガメで単系統群を形成するという結果が出ていること、別属として分割するほどの差異はないとしてヘサキリクガメを本属に含める説もある[3]

生態[編集]

半砂漠にあるディディエレア科トウダイグサ科からなる乾燥した低木林やその周辺にある岩場などに生息する[1][2][3]。乾燥が続くと堆積物や倒木の下などで穴を掘って潜る[3]

食性はほぼ植物食で、主にを食べるが、果実、多肉植物、キノコなども食べる[1]。牛糞を糞に集まった昆虫ごと食べた例もある[3]

繁殖形態は卵生。1回に1-9個の卵を年に5-6回(最高7回)に分けて産む[1][3]。産卵の間隔は3週間[1][3]

人間との関係[編集]

食用やペット用の乱獲などにより生息数は激減している[1][3]。ワシントン条約附属書Iに掲載され商業目的の国際取引は禁止されており、マダガスカルでは法的に保護の対象とされている[1][3]。一方で密猟・密輸されることもあり、マダガスカルや日本などで摘発された例もある[1][3]。生息地では飼育下繁殖させる試みが進められている[1]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されていた[3]。日本国内では種の保存法によりワシントン条約批准前に輸入された個体が登録書付きで流通することもある[3]。一方で不正登録が摘発された例もある[3]

日本国内では2009年野毛山動物園が初めて本種の飼育下繁殖に成功した[4]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』、講談社2001年、133、249-250頁。
  2. ^ a b c d e 千石正一監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、196頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 安川雄一郎 「ペットとしてのリクガメの飼育と分類」『エクストラ・クリーパー』No.3、誠文堂新光社2008年、46、60頁。
  4. ^ 「ホウシャガメの飼育と繁殖」『クリーパー』第48号、クリーパー社、2009年、18-19、52-56頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Leuteritz, T. & Rioux Paquette, S. 2008. Astrochelys radiata. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2.