ベゲタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベゲタのパッケージ

ベゲタ[1][2][3]クロアチア語: Vegeta)とは香辛料と数種類の野菜を混ぜあわせた調味料である。1959年にボスニア・ヘルツェゴビナのクロアチア人英語版科学者ズラタ・バルトル英語版が開発し、世界中で販売される商品になった。クロアチアコプリヴニツァにあるポドラヴカ英語版社やポーランドにあるポドラヴカ社の子会社が生産している[4]

ベゲタの原材料は以下のとおり(2008年製造時点):

ベゲタの100gあたりの容量
エネルギー量 583 kJ (137 kcal)
タンパク質 8.5 g
炭水化物 24.5 g
脂肪 0.6 g

ベゲタは1958年、ポドラヴカ社の研究所で考案され、ズラタ・バルトル教授が率いる開発チームによって生み出された[4]。1959年に「Vegeta 40」の名でユーゴスラビアにて発売された[4]。1967年にはハンガリーソビエト連邦でも発売されるようになり[4]、現在では約40カ国で販売されている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 〜W杯特集第3弾〜 日本の対戦国料理を食べ尽くせ!(クロアチア編)”. サンケイスポーツ (2006年6月12日). 2012年3月6日閲覧。
  2. ^ サルマ 【クロアチア】 - 世界の街から”. 丸紅. 2012年3月6日閲覧。
  3. ^ 香辛料「ベゲタ」でクロアチアを堪能する(70-2)”. 銀座新聞. 2012年3月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e Vegeta history”. Podravka d.d.. 2008年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]