ヘンリー・アダムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー・アダムズ

ヘンリー・ブルックス・アダムズ(Henry Brooks Adams, 1838年2月16日 - 1918年3月27日)は、アメリカ合衆国作家歴史家思想家である。

代表作として、青年時代を過ごした19世紀と何もかも全てが変わってしまった20世紀初頭をどのような辛酸をなめつつ生き抜いたかを記録し、ピューリッツァー賞を受賞した『ヘンリー・アダムズの教育』が挙げられる。

曽祖父は第2代アメリカ大統領であるジョン・アダムズ、祖父は第6代アメリカ大統領であるジョン・クィンシー・アダムズ、父はアメリカ南北戦争当時に駐英公使を務めた歴史家、チャールズ・フランシス・アダムズ、そして兄は歴史家・批評家ブルックス・アダムズ (Brooks Adams) である。

経歴[編集]

1858年に撮影されたハーバード大学の卒業写真

ボストンに生まれ、ハーバード大学に入学。後にグランドツアーとして大陸法を学びにベルリン大学に留学。父チャールズの秘書として7年間、ロンドンで生活した後に帰国し、母校であるハーバード大学で中世ヨーロッパ史とアメリカ史を教えた。

しかし1885年に妻マリアン・フーパー・アダムズ (Marian Hooper Adams) が自殺。アダムズは講師を辞職し、世界各地を巡る旅行を行った。

1904年に研究書である『モン・サン・ミッシェルシャルトル』を出版。1918年に『ヘンリー・アダムズの教育』を出版し、同年ワシントンD.C.にて脳卒中で死去。80歳であった。

著書[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]