ヘルマン・オーベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルマン・オーベルト
Hermann Oberth
人物情報
生誕 1894年6月25日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ヘルマンシュタット
死没 1989年12月28日(満95歳没)
ドイツの旗 ドイツニュルンベルク
市民権 マジャル人ルーマニア人ドイツ人[1]
国籍 ドイツの旗 ドイツ
学問
研究分野 宇宙工学物理学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ヘルマン・オーベルト(Hermann Oberth, 1894年6月25日 - 1989年12月28日)は、ドイツロケット工学者である。オーベルトの効果に名前を残す。ドイツ宇宙旅行協会創立。

経歴[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国ヘルマンシュタット(現ルーマニア領)に生まれた。少年時代、ジュール・ヴェルヌの作品を読んで宇宙に興味を持った。

当初、ミュンヘン大学において医学を勉強していたが、第一次世界大戦勃発により軍医として従軍する。その後、物理学を学びロケットの研究に熱を入れていくようになる。1922年

1923年、『惑星間宇宙へのロケットドイツ語版』(Die Rakete zu den Planetenraumen) と呼ばれる最初の論文を発表し、宇宙への飛行がどうすれば可能になるかという原理を示す。1929年にはこれに加筆を施した『宇宙旅行への道ドイツ語版』(Wege zur Raumschiffahrt) を発表している。その前年の1922年、米国のロケット研究者であるロバート・ゴダードに手紙を書き、彼のロケット研究の論文を取り寄せているが、後年「自分の研究はゴダードのものとは完全に独立していた」と主張している[2]

1927年7月、オーベルトの論文を受けてブレスラウドイツ宇宙旅行協会 (Verein für Raumschiffahrt, VfR) がヨハネス・ヴィンクラーによって設立された。また1929年にはドイツのSF映画『月世界の女』の監修をした。

1929年、VfRに参加していたヴェルナー・フォン・ブラウンなどと共にロケットの開発に取り掛かる。ナチス政権下では、V2ロケットの開発にも成功した。

第二次世界大戦後は、イタリアでロケットの研究をしていたが、1955年1958年にはブラウンに招かれてアメリカ合衆国へ渡り、軍事面における研究を行った。ニュルンベルクにて没。

脚注[編集]

  1. ^ Horia-Nicolai Teodorescu, Hermann Oberth And His Professional Geography in the European Context of the 20th Century (PDF, 261 KB)
  2. ^ 『天文ガイド』(誠文堂新光社)2001年10月号

外部リンク[編集]