ブロモチモールブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブロモチモールブルー
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 76-59-5 チェック
PubChem 6450
ChemSpider 6208 チェック
UNII VGU4LM0H96 チェック
特性
化学式 C27H28Br2O5S
モル質量 624.38 g mol−1
密度 1.25 g/cm3
融点

202 °C, 475 K, 396 °F

酸解離定数 pKa 7.10
危険性
MSDS http://www.sciencelab.com/msds.php?msdsId=9927468
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
2
0
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。
ブロモチモールブルー (pH指示薬)
pH 6.0以下 pH 7.6以上
6.0 7.6
左から酸性、中性、塩基性のブロモチモールブルー溶液

ブロモチモールブルーもしくはブロムチモールブルーブロモチモールスルホンフタレイン: bromothymol blue, BTB)は、分析化学でよく用いられる酸塩基指示薬(pH指示薬)のひとつで、分子式 C27H28Br2O5S で表される、淡黄色または淡紅色の粉末である。ブロムチモールブルーとも称される。しばしば水溶液BTB溶液と呼ばれる。を検出する指示薬として、ナトリウムの形で市販されている。

性質[編集]

分子量は 624.39 g/mol、pKa は 7.10 である。プロトン化および脱プロトン化の形態ととることができ、それに伴い色調が変化する。色の変化は pH < 6.0で黄色、pH > 7.6 で青色であり、その中間では緑色を示す。ただし、非常に強い酸に対しては赤色を、非常に強い塩基に対しては紫色を示す。

酸性 ← (赤) − 黄 − 緑 − 青 − (紫) → 塩基性
pHの変化に伴う分子構造の変化

BTBはには溶けにくいが、エタノールなどのアルコールアルカリ水溶液には溶ける。ベンゼントルエンキシレンなどの非極性溶媒には溶けにくく、石油エーテルにはほとんど溶けない[1]

調合[編集]

酸塩基指示薬として用いる場合、N/50 NaOH 8cm3にBTBを0.10g溶解させ、250cm3の水で希釈する。容積測定の指示薬として使うときは、50%(v/v)エタノール100cm3にBTBを0.1g溶解させて調製する[1]

用途[編集]

中性付近の弱酸や塩基の検出に用いられる。プールや養殖槽などでカルボン酸の検出などに使われる。

生物学でスライドを染色する際に使用されることもある。この場合、青色の水溶液としてサンプルに1–2滴加え、細胞壁を青色に染める。

植物の光合成呼気の観察のための実験として、中性のブロモチモールブルー溶液にチューブでを吹き込むというものが知られる。呼気に含まれる二酸化炭素溶解することによって炭酸が生じ、溶液は酸性になるため、緑から黄色へと変化する[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b O'Neil, Maryadele J (2006). The Merck Index. Merck Research Laboratory. pp. 1445. ISBN 978-0-911910-00-1. 
  2. ^ Sabnis R. W. (2007). Handbook of Acid-Base Indicators. CRC Press. ISBN 0-8493-8218-1. 
  3. ^ Sabnis R. W. (2010). Handbook of Biological Dyes and Stains: Synthesis and Industrial Applications (1st ed.). Wiley. ISBN 0-470-40753-0. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]