チモールブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チモールブルー
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 76-61-9
特性
化学式 C27H30O5S
モル質量 466.59 g mol−1
外観 赤褐色〜暗緑色の結晶性粉末
融点

221-224 °C, 270 K, -150 °F (
decomposes[1])

への溶解度 不溶
λmax 594 nm (1st)
376 nm (2nd)[1]
危険性
EU分類 有害 Xn環境への危険性 N
主な危険性 Harmful
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
1
 
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

チモールブルー (Thymol Blue) は色素の一種。pH指示薬として、滴定pH試験紙等に用いられる。 pH指示薬としての特性は二段階変色を呈し、pH1.2以下で赤色、2.8から8.0では黄色だが、9.6以上では青色に変化する。

水にはあまり溶けず、エタノール塩基性を示す液に可溶である。指示薬として用いる際には、通常、エタノールに溶解される。万能指示薬を構成する成分の一つである。

pHによるチモールブルーの構造変化
酸-塩基状態が異なるチモールブルー溶液の色
左:酸性、中央:中性、右:塩基性


チモールブルー
pHによる色の変化
1.2以下 2.8~8.0 9.6以上

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Thymol Blue

参考文献[編集]

  • Merck. "Thymol Blue." The Merck Index. 14th ed. 2006. Accessed via web on 2007-02-25.

外部リンク[編集]