ブラッドファクトリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラッドファクトリー
ジャンル アクションシューティング ゲーム
対応機種 プレイステーション
セガサターン
開発元 グレムリン・インタラクティブ
発売元 インタープレイエンタテインメント
人数 1人~
発売日 北米:1996年1月
PAL: 1996年2月[1]
日本:1996年3月15日[1]
対象年齢 ESRBM(17歳以上)
ELSPA:15+
PEGI:12
テンプレートを表示

ブラッドファクトリー』(Blood Factory[1]、アメリカではローデッド、Loaded)とは1996年1月にプレイステーションセガサターンにリリースされたイギリスGremlin Interactiveが開発し、アメリカInterplay Entertainment社が発売したアクションシューティング ゲームである。日本版でも1996年の3月15日にプレイステーションと11月29日にセガサターンの両ハードに移植された。海外では続編となるリローデッド(Re-Loaded)がある。 3作目となるフリーローデッド(Fully Loaded)も開発されていたがキャンセルとなっている。

概要[編集]

見下ろし型のアクションシューティングゲーム。銃器を手に、極悪非道の看守長ファブが支配する監獄惑星ラルフのファクトリー刑務所から脱獄を図る。プレイヤーは6人の個性的なキャラクター(囚人)から1人を選び、看守や囚人などの敵を倒し、カギを集めて出口を探しながら各ステージをクリアしていく。各キャラクターには能力が違っており、武器や特殊攻撃のスーパーボムも違っている。

倒した敵は焼け焦げたり血肉の死体として残ったりと、スプラッター的な要素が強い過激なゲームとなっている。日本でプレイステーションにて発売されるに当たって、その過激な描写から血の色を赤色から緑色に変更する予定があったが、血の色は変更されず、海外版のままローカライズされて発売された。なをプレイステーション版に置いては、プレイステーションで初めて暴力シーンやグロテスクなシーンを含んでいる事を注意・警告する、注意文と注意喚起マークを表記する、赤い丸角の三角形に「なおこのゲームには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。」と表記されたゲームでもある。ドイツではこのゲームはBPjS(青少年に有害な図書のための連邦審査機関)の審査により、青少年に悪影響を及ぼすゲームとしてブラックリストに入れられた。

BGMをイギリスのロックバンドポップ・ウィル・イート・イットセルフが担当している。

北米では1995年DCコミックから12ページ程の短編物語としてコミック化されているが、Interplay Entertainmentがゲームを発売する前に、ゲーム内容の短編物語のコミックを見て、ゲームを買って貰おうと言うマーケティング戦略があった[2]

キャラクター[編集]

ファンク(Fwank)
武器:中性子球弾。
スーパーボム:テディーボム。
バズーカ型の武器に、ピエロの様なズダ袋のマスクを被って顔を隠している。風船を付けテディベアの人形パーシー君を持ったキャラクター。
キャプテン・ハンズ(Cap'n Hands)
武器:フリントロックス。
スーパーボム:ボルテックスボム。
2丁拳銃の銃の武器を持つ。半ばサイボーグ化し、カウボーイハットを被ったヒューマノイドの宇宙海賊
ブッチ(Butch)
武器:火炎放射器。
スーパーボム:リング爆弾。
肉切り包丁を持ち、武器に火炎放射器を持つ。盗癖があり、盗んだ女性用のドレスを着ている厳つい顔をした女装姿の男。続編『リローデッド』ではハイレグ水着姿で、武器は2丁のサブマシンガンだった。
ヴォックス(Vox)
武器:ハイフルフレイル。
スーパーボム:ソニックブラスト
唯一の女性キャラクターで、シレーン(静寂)のニックネームを持つ。拡声信奏教団ダベリングの僧侶が開発したラップマスターマイクが武器。
バウンガ(Bounca)
武器:ミサイル。
スーパーボム:フラグミサイル
多くの未開の惑星を探検してきた男でタキシードを着ている。
マーマー(Mamma)
武器:プラズマガン
スーパーボム:リプルボム。
中身が赤ん坊のままでオムツを履いた体だけ巨体化した男。赤ん坊時に宇宙空港に置き去りにされたマーマーは寂しさからゴミ箱の残飯を食べ漁って育ったため、何の教育も受けず体だけ巨漢と化した。続編リローデッドではウサギ耳が付いたベビー服姿で、女の子の人形を持っていた。「マーマー」しか言葉が話せない。
ファブ(Fub)
監獄惑星ラルフのファクトリー刑務所の看守長。自分の体をサイボーグ化し、油圧式パワーレッグを使いている。元海兵隊員で食料班に配備されていたが、宇宙戦争で磁気砂漠に置ける戦闘を最後に海兵隊を除隊した。

リローデッド(Re-Loaded)[編集]

1996年12月1日にローデッド(ブラッドファクトリー)の続編として、プレイステーションとPCにリリースされた。国内では未発売。

カギを集めて出口を見つけてステージクリアするシステムは前作とは変わらないが、施設の破壊などの目的達成も必要となる。 前作から登場するキャプテン・ハンズ、ブッチ、バウンガ、マーマーのほかに、シスター・マグピーとザ・コンシューマーが新しくプレイヤーキャラクターとして選択することが可能である。なお、チートで前作のファンク(Fwank)も登場する。

あらすじ[編集]

倒したはずの監獄惑星ラルフの看守長ファブがチェブ(CHEB)と名乗り復活した。 チェブの為に6人を殺そうとするサイコ・コレクターの世界に魅了されるが、彼らはサイコ・コレクターを殺害し、復讐の為にチェブを倒す。

リローデッドからの登場人物[編集]

ザ・コンシュマー(The Consumer)
ピンクの髪が特徴のセックスシンボルともいうべき女性。幼女の頃から人食いを楽しんでおり、人肉をミートソースに使う肉にして食べる為、ミンチにしている。また人の骨まで噛み砕ける様に為、歯を鋭いギザギザの歯に強化している。前作のファンクに似た様な、スタイルを使用している。
シスター・マグピー(Sister Magpie)
地獄から来た修道女型の女性アンドロイドプレデターの様な恰好をしている。武器は特殊な巨大キャノン型のマグナム銃。
サイコ・コレクター(Psycho-Collector)
角が生えた悪魔の様な姿をしている。

出典[編集]

  1. ^ a b c Search: (2009年6月2日). “Loaded Release Information for PlayStation”. GameFAQs. 2009年7月16日閲覧。
  2. ^ Comic Collector LiveLoaded 1-A

外部リンク[編集]