フリードリヒ2世 (バーデン大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーデン大公フリードリヒ2世

フリードリヒ2世Friedrich II., 1857年7月9日 - 1928年8月8日)は、バーデン大公国の第7代大公(在位:1907年 - 1918年)。フリードリヒ1世とその妃であったドイツ皇帝ヴィルヘルム1世の王女ルイーゼの長男で、全名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ルートヴィヒ・レオポルト・アウグストFriedrich Wilhelm Ludwig Leopold August)。カールスルーエで生まれた。

オーストリア=ハンガリー帝国プロイセン王国ヴュルテンベルク王国で陸軍の将校として軍歴を積んだ。1885年9月20日ルクセンブルク大公アドルフの大公女ヒルダ・シャルロッテ・ヴィルヘルミーネ(1864年 - 1952年)と結婚したが、息子は生まれなかった。

1907年9月28日に父フリードリヒ1世が死去したことを受けて大公位に即き、父親の自由主義的な政治を継承した。1918年に大公位継承者である従弟のマクシミリアンドイツ帝国宰相に指名されたがドイツ革命を防ぐことはできず、フリードリヒ2世は同年11月22日に退位した。その後、バーデン大公国の領域は1952年バーデン=ヴュルテンベルク州へと再編された。

退位後はフライブルクで隠棲し、バーデンヴァイラーで1928年8月8日に死去した。バーデン大公家当主の地位はマクシミリアンが嗣いだ。

先代:
フリードリヒ1世
バーデン大公
1907年 - 1918年
次代:
ドイツ革命により退位)
先代:
フリードリヒ1世
バーデン大公家家長
1907年 - 1918年
次代:
マクシミリアン