アドルフ (ルクセンブルク大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドルフ
Adolphe
ナッサウ公/ルクセンブルク大公
Adolfluxembourg1817-6.jpg
アドルフ
在位 1839年8月20日 - 1866年9月20日(ナッサウ公)
1890年11月23日 - 1905年11月17日(ルクセンブルク大公)
全名 Adolph Wilhelm August Karl Friedrich
アドルフ・ヴィルヘルム・アウグスト・カール・フリードリヒ
Adolphe Guillaume August Charles Auguste Frédéric
アドルフ・ギヨーム・オーギュスト・シャルル・フレデリック
出生 1817年7月24日
Flagge Herzogtum Nassau (1806-1866).svg ナッサウ公国ヴィースバーデンビーブリヒ宮殿
死去 1905年11月17日(満88歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国
バイエルン王国の旗 バイエルン王国レングリースホーヘンブルク城
埋葬 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルクルクセンブルクノートルダム大聖堂
配偶者 エリーザベト・ミハイロヴナ・フォン・ルスラント
  アーデルハイト・マリー・フォン・アンハルト=デッサウ
子女 ギヨーム4世
フリードリヒ
マリー
フランツ
ヒルダ
王家 ナッサウ=ヴァイルブルク家
父親 ヴィルヘルム・ツー・ナッサウ
母親 ルイーゼ・フォン・ザクセン=アルテンブルク
宗教 キリスト教プロテスタント
テンプレートを表示

アドルフフランス語: Adolphe, 1817年7月24日 - 1905年11月17日)は、ナッサウ公(在位:1839年 - 1866年)、のちルクセンブルク大公(在位:1890年 - 1905年)。ナッサウ公ヴィルヘルムの長男。異母妹にスウェーデンオスカル2世の妃ゾフィアがいる。

生涯[編集]

ナッサウ公時代[編集]

1839年、父の死によりナッサウ公を継承した。

1844年1月、ロシア皇帝パーヴェル1世の末子ミハイル大公の娘エリザヴェータ・ミハイロヴナ(エリーザベト)と結婚したが、翌1845年にエリーザベトは男児を死産して死去した。

1851年アンハルト=デッサウ公子フリードリヒ・アウグストの娘アーデルハイトと2度目の結婚を行い、5人の子を得たが、うち3人は早世した。

1866年普墺戦争に勃発した際、ナッサウ公国はオーストリア側についたが、オーストリアが敗れたためにナッサウ公国プロイセン王国に併合され、アドルフは廃位された。ナッサウは旧ヘッセン選帝侯国とともにプロイセンのヘッセン=ナッサウ州に再編された。

ルクセンブルク大公位の継承[編集]

1890年オランダ王兼ルクセンブルク大公ウィレム3世が死去すると、ウィレム3世の娘ウィルヘルミナがオランダ王位を継承したが、ルクセンブルクは女子相続の規定がなかった。そのため、ウィレム3世と同じくオラニエ公ウィレム4世の玄孫で、ウィルヘルミナの母エンマの伯父に当たり、オランダ王家であるオラニエ=ナッサウ家と同じくナッサウ家の支流に属するナッサウ=ヴァイルブルク家のアドルフがルクセンブルク大公に迎えられた。これによりオランダとの同君連合は解消され、以後現在までアドルフの子孫が大公位を継承している。

1905年に88歳で死去し、長男のギヨーム4世が大公位を継承した。

ナッサウ公アドルフ(1844年)
先代:
ヴィルヘルム
ナッサウ公
1839年 - 1866年
次代:
滅亡