フリオ・セサール・ゴンザレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリオ・セサール・ゴンザレス
基本情報
本名 Julio Cesar Gonzalez Ibarra
階級 ライトヘビー級
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1976年7月30日
出身地 メキシコの旗 メキシコバハ・カリフォルニア州
ゲレロネグロ
死没日 2012年3月10日(満35歳没)
死没地 メキシコの旗 メキシコバハ・カリフォルニア州
ゲレロネグロ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 47
勝ち 41
KO勝ち 25
敗け 6
テンプレートを表示

フリオ・セサール・ゴンザレスJulio Cesar Gonzalez、男性、1976年7月30日 - 2012年3月10日)は、メキシコプロボクサー。身長188cm、リーチ201cm。元WBO世界ライトヘビー級王者。

来歴[編集]

1996年メキシコ代表としてアトランタオリンピックボクシングライトヘビー級に出場し、1回戦でワシリー・ジロフカザフスタンの旗 カザフスタン)に敗北。

1997年4月7日アメリカ合衆国でプロデビュー。

1999年7月31日名古屋レインボーホールで山村朱伸(日本の旗 日本/中日ジム)と対戦し、3回KO勝ち(WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ戸高秀樹ヘスス・ロハスの前座試合)。

2000年5月6日FECARBOXライトヘビー級王座を獲得。

2001年2月2日NABO北米ライトヘビー級王座を獲得。

2001年7月28日WBAWBCIBF世界ライトヘビー級王者ロイ・ジョーンズ・ジュニアに挑戦し、0-3(107-118、106-119、106-119)の大差判定負けで世界王座獲得ならず。

2003年1月24日、後のIBF世界ライトヘビー級王者グレンコフ・ジョンソンジャマイカの旗 ジャマイカ)と対戦し、2-0の判定勝ち。

2003年10月18日WBO世界ライトヘビー級王座を23度防衛していた安定王者ダリウス・ミハエルゾウスキーポーランドの旗 ポーランド)に挑戦し、2-1(116-112、116-112、113-115)の判定勝ちで王座を獲得した。

2004年1月17日、初防衛戦でゾルト・エルデイハンガリーの旗 ハンガリー)と対戦し、0-3の判定負けで王座から陥落した。

2005年5月5日、IBF世界ライトヘビー級王座挑戦者決定戦でモンテル・グリフィンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、6回負傷判定勝ちで指名挑戦権を獲得した。

2005年9月9日、IBF世界ライトヘビー級王者クリントン・ウッズイングランドの旗 イングランド)に挑戦し、0-3の判定負けで王座獲得ならず。

2007年9月29日、クリントン・ウッズに2年ぶりに挑戦し、0-3の判定負けで王座獲得ならず。

2008年2月23日IBA世界ライトヘビー級王座決定戦でレジー・ジョンソンアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、1-2の判定負けで王座獲得ならず。

2008年8月8日、IBF世界ライトヘビー級王座挑戦者決定戦でタボリス・クラウドアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、10回TKO負け。

2012年3月10日、オートバイを運転中、飲酒運転の車にひき逃げされ、死去[1][2]。35歳没。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Former Light Heavyweight Champ, Julio Cesar Gonzalez, Dies in Hit and Run Accident thebtbc.com 2012年3月12日閲覧 (英語)
  2. ^ 元ライト・ヘビー級王者ゴンサレスが事故死 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年3月13日閲覧
前王者
ダリウス・ミハエルゾウスキー
第4代WBO世界ライトヘビー級王者

2003年10月18日 - 2004年1月17日

次王者
ゾルト・エルデイ