フネフェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フネフェル (Hunefer) は、紀元前1310年古代エジプトに生きていた書記官英語版であった[1]。『フネフェルのパピルス』として知られる、エジプトの葬送用の『死者の書』をその墓に収められた人物である。

フネフェルは、第19王朝ファラオセティ1世の近くに仕えた執事でもあった。彼のために制作された『死者の書』が芸術的に優れていることから、彼は高い地位にあったと考えられている。彼はメンフィスで死亡したと考えられている[1]

『フネフェルのパピルス』[編集]

『フネフェルのパピルス』は『アニのパピルス英語版』などと共に『死者の書』の中でも有名な作品とされている。

『死者の書』から審判の場面。まず、死者(フネフェル)はジャッカルの頭をもつアヌビスによって審判の場に連れて来られる。次は死者の心臓の重さを量る様子で、結果を待っているアメミットと記録をつけるトートがいる。さらに次は、計量に合格した死者が、隼の頭をもつホルスによって、イシスネフティスを侍らせた、玉座に座っているオシリスに紹介されるところである。パピルスの上部には九柱の神々(エネアド)がおり[2]、フネフェルが審判官であるその神々を崇拝する姿が描かれている[3]。紀元前1275年頃制作[3]テーベで発見[3]。(大英博物館所蔵)


『フネフェルのパピルス』には、「開口」の儀式[注釈 1]が描かれている。これは、死者が呼吸をする道を開いてのできるようにするための作業であり、パピルスには、アヌビスがミイラを墓の入り口に立たせ、死者の息子が道具を使って死者の口を開けるところが描かれている[5]。この描写によって、埋葬儀礼における「開口」の儀式について多くの事を知ることができる。大英博物館に収集されたパピルスの中でも有名な部分の一つとされている[1]

脚注[編集]

『フネフェルのパピルス』に描かれた開口の儀式。
[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ホルスは、父の仇のセトを打ち倒して王座に就いた後、父オシリスを訪ね、手斧で父の唇に触れたとされている。この行為が、死者の埋葬儀礼において、その魂の再生を始める儀式として行われるようになった[4]。従って儀式はホルスの行為を真似るようにして行われた[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c Hunefer, an ancient Egyptian official”. 大英博物館 (British Museum). 2013年2月2日閲覧。
  2. ^ エジプト神話』285頁。
  3. ^ a b c Page from the Book of the Dead of Hunefer”. 大英博物館 (British Museum). 2013年2月2日閲覧。
  4. ^ 『エジプト神話』277-278頁。
  5. ^ a b 『エジプト神話』259頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]