フェルナン・ポワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェルナン・ポワン(Fernand Point, 1897年 2月25日- 1955年3月5日)はフランスリヨン近郊のヴィエンヌにあるフランス料理レストラン「ラ・ピラミッドフランス語版」 のオーナー・シェフ。1933年より死ぬまでミシュランガイドの3つ星を守り続けた。テロワールに根ざした料理を打ち立てた革命家であり,素材の生かし方と組み合わせの素晴らしさは他の追随を許さない完成度である。史上最高のフランス料理のシェフであろう。弟子にポール・ボキューズトロワグロ兄弟ウーティエ英語版などがいる。ポワンの死後、夫人(マドの愛称で呼ばれていた)が後を継ぎ、ラ・ピラミッドは3つ星を維持し続けた。辻静雄がフランス料理を学んだのもラ・ピラミッドである。

スペシャリテ[編集]

など

ポワン語録[編集]

すばらしい食事は、シンフォニーのように調和がとれていなければならないし、ロマネスク様式のように構築されていなければならない。

すばらしい料理というものは客を待っていてはならない。すばらしい料理を待たなければならないのは客の方である。

腕の良い料理人は自分の学び取ったもの、すなわち自分の個人的な経験のあらゆる結果を自分のあとに続く世代に伝える義務があるのだ。

つけ合わせというものは、釣合いが取れていなくてはならない。ネクタイと背広のように。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]