辻調グループ校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が一つです。

辻調グループ校(つじちょうグループこう)は、学校法人辻料理学館が運営する専修学校および専修各種学校以外の教育機関の総称である。大阪市阿倍野区を拠点に、調理師パティシエを育成する専門学校を展開している。

「料理界の東大」をキャッチフレーズにしており、カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカル・コルドン・ブルーとともに世界三大料理学校とされることもある[1]

辻学園調理・製菓専門学校などを運営する学校法人辻学園(2011年4月に経営破綻)は同じ大阪市にあることから混同されやすいが、一切の関係・関連を持たない[2][3]

歴史[編集]

  • 1960年昭和35年) - 辻静雄が辻調理師学校開校(調理師本科(昼間課程))
  • 1978年昭和53年) - 第二辻調理師学校開校(調理師本科(昼間課程))
  • 1980年昭和55年) - 専修学校認可
    辻調理師学校を辻調理師専門学校に校名変更(専門課程調理師本科(昼間部)・高等課程調理師本科(昼間部))
    第二辻調理師学校を第二辻調理師専門学校に校名変更(専門課程調理師本科(昼間部)・高等課程調理師本科(昼間部))
    辻調グループ・フランス校(シャトー・ド・レクレール)開校
  • 1982年昭和57年) - 第二辻調理師専門学校の高等課程調理師本科に夜間部を設置
  • 1984年昭和59年) - 学校法人辻料理学館設立
    辻製菓技術学校開校(製菓衛生師本科(昼間課程))
  • 1986年昭和61年) - 辻製菓技術学校が専修学校認可
    辻製菓技術学校を辻製菓専門学校に名称変更(専門課程製菓衛生師本科(昼間部)・高等課程製菓衛生師本科(昼間部)・高等課程製菓衛生師本科(夜間部))
    第二辻製菓専門学校開校(専門課程製菓衛生師本科(昼間部)・高等課程製菓衛生師本科(昼間部)・高等課程製菓衛生師本科(夜間部))
  • 1988年昭和63年) - 辻調理技術研究所設立
  • 1989年平成元年) - 第二フランス校(シャトー・エスコフィエ)開校
    辻フランス料理専門カレッジ(現・エコール 辻 大阪)開校
  • 1991年平成3年) - 東京にエコール・キュリネール国立(現・エコール 辻 東京)開校
    辻製菓技術研究所設立
  • 1993年平成5年) - 創立者・辻静雄死去。学校で追悼式が行われた。2代目校長に辻芳樹
  • 1999年平成11年) - 辻調理師専門学校南館完成
  • 2001年平成13年) - 辻調理師専門学校本館新校舎竣工
    辻調理師専門学校、辻製菓専門学校が別科通信教育講座を開始
    第二辻調理師専門学校、第二辻製菓専門学校廃止
    辻調理師専門学校の高等課程調理師本科に夜間部を設置
  • 2003年平成15年) - 辻調グループ校学生センター完成
  • 2005年平成17年) - 辻調理師専門学校、高等課程調理師本科の夜間部を廃止
  • 2007年平成19年) - 辻調理師専門学校、二年制課程の専門課程調理技術マネジメント学科(昼間部)設置
    辻調理師専門学校、放送大学と教育連携協定を締結
  • 2009年平成21年) - 辻製菓専門学校、二年制課程の専門課程製菓技術マネジメント学科(昼間部)設置
    辻製菓専門学校高等課程製菓衛生師本科の夜間部を廃止
  • 2010年平成22年) - 辻調理師専門学校、高等課程調理師本科の昼間部を廃止
    辻製菓専門学校、高等課程製菓衛生師本科の昼間部を廃止
  • 2012年平成24年) - エコール 辻 大阪カフェ・フードデザインカレッジを辻カフェフード・スイーツマスターカレッジに名称変更
    エコール 辻 東京の2年制コースをそれぞれ、辻調理技術マネジメントカレッジ、辻製菓技術マネジメントカレッジに名称変更
    辻調理師専門学校、デュシタニ・カレッジ(タイ王国)と教育連携協定を締結


グループの構成[編集]

下級校[編集]

  • 辻調理師専門学校(大阪)
    • 調理技術マネジメント学科(2年制)
    • 調理師本科(1年制[4]
  • 辻製菓専門学校(大阪)
    • 製菓技術マネジメント学科(2年制)
    • 製菓衛生師本科(1年制[5]
  • エコール 辻 大阪[6]
    • 辻フランス・イタリア料理マスターカレッジ(1年制のコースと2年制の「フランス校留学コース」(フランス校へ留学するのは2年目))
    • 辻日本料理マスターカレッジ(1年制)
    • 辻製菓マスターカレッジ(1年制のコースと2年制の「フランス校留学コース」(フランス校へ留学するのは2年目))
    • 辻カフェフード・スイーツマスターカレッジ(1年制)
  • エコール 辻 東京[7]
    • 辻調理技術マネジメントカレッジ(2年制)
    • 辻製菓技術マネジメントカレッジ(2年制)
    • 辻フランス・イタリア料理マスターカレッジ(1年制のコースと2年制の「フランス校留学コース」(フランス校へ留学するのは2年目))
    • 辻日本料理マスターカレッジ(1年制)
    • 辻製菓マスターカレッジ(1年制のコースと2年制の「フランス校留学コース」(フランス校へ留学するのは2年目))

上級校[編集]

  • 辻調理技術研究所(大阪)
    • フランス・イタリア料理研究課程(1年制)
    • 日本料理研究課程(1年制)
    • 中国料理研究課程(1年制)
  • 辻調グループ・フランス校(シャトー・ド・レクレール、シャトー・エスコフィエ)
    • フランス料理研究課程(6ヶ月+研修)
    • 製菓研究課程(6ヶ月+研修)

別科[編集]

調理師免許、製菓衛生師受験資格は取得できないが、辻調理師専門学校と辻製菓専門学校は以下の通信講座を開講している。

中学生卒業者以上なら受講できる。

  • 辻調理師専門学校 別科 通信教育
    • 西洋料理技術講座
    • 日本料理技術講座
    • 中国料理技術講座
  • 辻製菓専門学校 別科 通信講座
    • 製菓技術講座
    • 製パン技術講座
    • 和菓子技術講座

関係校[編集]

以下の大学、学校と教育連携協定を締結している

番組協力[編集]

現在は、テレビで『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』、『チューボーですよ!』、『アイアンシェフ』などの番組に協力している。また、『週刊少年サンデー』で「★★★(三ツ星)のスペシャリテ」にも全面協力。『料理大学』では辻調グループ校各校が監修・協力しており、講師も辻調グループ各校の講師が務める。 過去には、「どっちの料理ショー」や「ランチの女王」、「アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜」、「信長のシェフ」など様々な番組・ドラマなどにも協力していた。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「世界3大料理学校の日本辻調グループ校、3月に韓国進出」中央日報2008年1月19日付け記事)
  2. ^ 「辻学園」に関する報道について 辻調グループ校からのお知らせ2011年4月26日
  3. ^ 尚、辻調グループ創設者 辻静雄は、学校法人辻学園創設者 辻徳光の娘婿である。
  4. ^ 科内に複数のクラスと1つのコースがあるが、原則的に1年制。ただし、「ダブルライセンスクラス」は、1年目に辻調理師専門学校調理師本科へ入学・卒業して調理師免許を、2年目に辻製菓専門学校製菓衛生師本科へ入学して「製菓衛生師試験」の受験資格を取得、受験して製菓衛生師の資格取得を目指す2年制であり、「フランス校留学コース」は1年目は日本で、2年目フランスで1年間学んで卒業する2年制である。
  5. ^ 原則的に1年制。ただし、科内にある「ダブルライセンスクラス」は、1年目に辻製菓専門学校製菓衛生師本科へ入学して「製菓衛生師試験」の受験資格取得、受験して製菓衛生師の資格を取得し、2年目に辻調理師専門学校調理師本科へ入学して調理師免許の取得を目指す2年制であり、「フランス校留学コース」は1年目は日本で、2年目フランスで1年間学んで卒業する2年制である。
  6. ^ 専修学校・各種学校以外の教育機関であり、調理師免許の取得や製菓衛生師の受験資格取得はできない。
  7. ^ 専修学校・各種学校以外の教育機関であり、調理師免許の取得や製菓衛生師の受験資格取得はできない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]