フィリップ・ベイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ベイリー
Philip Bailey
2008年}
2008年
基本情報
出生名 Philip Irvin Bailey
出生 1951年5月8日(63歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コロラド州デンヴァー
ジャンル R&Bゴスペルファンク
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ギターベースキーボードドラムス
活動期間 1969年 - 現在
共同作業者 アース・ウィンド・アンド・ファイアー
公式サイト PHILLIPBAILEY.COM

フィリップ・ベイリー(Philip Bailey, 1951年5月8日)はアメリカコロラド州デンヴァー生まれのR&Bソウルゴスペルファンクの歌手。ファルセットヴォイスが特徴で、特にアース・ウィンド・アンド・ファイアー(EWF)のメンバーとして知られる。

1971年にEWFに加入するまでは、フェニックス・ホーンズのヴォーカリストをしていた。1990年代後半にEWFのリーダーのモーリス・ホワイトパーキンソン病に罹り、一線を退いてからは彼がステージで統制を執っている。

ソリストとしても活躍しており、フィル・コリンズエリック・ベネイ等とデュエットしている。特に、1984年に発表されたフィル・コリンズとのデュエット曲、"Easy Lover"(Chinese Wall収録)は全英1位[1]・全米2位の大ヒットを記録した[2]。また、1986年のソロ・アルバムTriumphグラミー賞最優秀男性ゴスペル・パフォーマンス章を受章した[2]

EWFのバック・ヴォーカリストのクリスタル・ベイリーと結婚している。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル 発売年 レーベル
Continuation 1983 Columbia Records
Chinese Wall 1985 Columbia Records
The Wonders of His Love 1985 Word Records
Triumph 1986 Word Records
Inside Out 1986 Columbia Records
Family Affair 1989 Word Records
Philip Bailey 1994 Zoo
Dreams 1999 Heads Up
Life and Love 2002 Import
Soul on Jazz 2002 Heads Up

脚注[編集]

外部リンク[編集]