ファニタ・ハンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Juanita Hansen
ファニタ・ハンセン
ファニタ・ハンセン
1917年ころ
別名 ワーネッタ・ハンソン Wahnetta Hanson
生年月日 1895年3月3日
没年月日 1961年9月26日(満66歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アイオワ州デモイン
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス郡ウェスト・ハリウッド
職業 女優
ジャンル 舞台、サイレント映画
活動期間 1914年 - 1934年

ファニタ・ハンセンJuanita Hansen, 1895年3月3日 - 1961年9月26日)は、アメリカ合衆国女優である[1]ワーネッタ・ハンソンWahnetta Hanson)ともクレジットされた[1]。「ザ・クイーン・オヴ・スリルズ」(The Queen of Thrills, 「スリルの女王」の意)の異名を持つ[1]

人物・来歴[編集]

1895年(明治28年)3月3日アイオワ州デモインに生まれる[1]

満19歳を迎える1914年(大正3年)、 The Patchwork Girl of Oz, The Magic Cloak といった『オズの魔法使い』の原作者ライマン・フランク・ボームが製作に携わったオズ・フイルム・カンパニーの作品に出演しているのが、もっとも古い映画への出演記録である[1]。1915年(大正4年)ころにはD・W・グリフィスの監督する映画に参加し、同年、アラン・ドワン監督の The Love Route に出演している[1]キーストン・スタジオに入社し、マック・セネットの一連の「ベイジング・ビューティ」映画に出演する。

スラップスティック・コメディよりも、もっと演劇性の高い映画を求めて、1918年(大正7年)には同社を離れ、ユニヴァーサル・フィルム・マニュファクチュアリング・カンパニー(現在のユニバーサル・ピクチャーズ)へ移籍する。同社が1916年(大正5年)に設立した子会社・ブルーバード映画で、ドロシー・フィリップス主演、アイダ・メイ・パーク監督の『罪の報ひ』や、フランクリン・ファーナム主演、リン・F・レイノルズ監督の『錦繍の楔』、おなじくファーナム主演、ジョセフ・ド・グラス監督の『靈の導き』に出演、コリン・キャンベル監督の The Sea Flower に主演し[1]、主演作以外はいずれも日本でも公開された[2]。ユニヴァーサルのシリアル・フィルムに出演した後、セリグ・ポリスコープ・カンパニーワーナー・ブラザーズパテ等のシリアルに出演し、当時の金額で週給1,500ドルを稼ぐスターとなるが、毎夜のパーティ、度重なる運転速度違反での検挙の挙げ句、コカインに手を染め、中毒患者となる[1]。1921年(大正10年)の『黄色の腕』以降はほぼ仕事がなくなってしまう[1]

1928年(昭和3年)、ニューヨークブロードウェイで上演された笑劇 The High Hatters に役を得る[1][3]。が、再び麻薬に手を染めることになる[1]。度重なる麻薬中毒とその淵からの復活を繰り返すが、1934年(昭和9年)以降の映画の出演作はない[1]。最後には鉄道の窓口に職を得るに至った[1]

1961年(昭和36年)9月26日カリフォルニア州ロサンゼルス郡ウェスト・ハリウッドで心臓疾患のため死去した[1]。満66歳没。同州カルヴァー・シティにある聖十字墓地に眠る[4]

フィルモグラフィ[編集]

「ベイジング・ビューティ」。

すべて出演作である[1]

1910年代[編集]

The Secret of the Submarine (1916)
広告 (1916)

1920年代[編集]

1930年代[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Juanita Hansen, Internet Movie Database (英語), 2010年5月27日閲覧。
  2. ^ 『ブルーバード映画の記録』 : 製作・著・発行山中十志雄・塚田嘉信、1984年4月、p.60-63.
  3. ^ Juanita Hansen, Internet Broadway Database (英語), 2010年5月27日閲覧。
  4. ^ Juanita Hansen, Find A Grave (英語), 2010年5月27日閲覧。

外部リンク[編集]