オーティス・ターナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Otis Turner
オーティス・ターナー
生年月日 1862年11月29日
没年月日 1918年3月28日(満55歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州フェアフィールド
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス市
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
ジャンル サイレント映画
活動期間 1908年 - 1917年
配偶者 エッタ・フレンチ

オーティス・ターナーOtis Turner, 1862年11月29日 - 1918年3月28日)は、アメリカ合衆国映画監督脚本家映画プロデューサーである[1]。「監督たちの学監」(The Dean of Directors)とあだ名された[1]

人物・来歴[編集]

1862年11月29日、アメリカ合衆国のインディアナ州フェアフィールド(オークフォード)に生まれる[1]

1908年(明治41年)、セリグ・ポリスコープ・カンパニーに入社、短篇映画を量産する[1]。同年、ライマン・フランク・ボームの小説を『オズの魔法使い』を The Fairylogue and Radio-Plays のタイトルで映画化する。

1913年(大正2年)、ユニヴァーサル・フィルム・マニュファクチュアリング・カンパニー(現在のユニバーサル・ピクチャーズ)に移籍、1915年(大正4年)からは同社子会社のレッド・フェザー映画等の製作する作品を監督、15話からなる連続活劇『黒い箱』等を手がける[1]。1916年(大正5年)にユニヴァーサル子会社として設立されたブルーバード映画では、J・ウォーレン・ケリガンを主演に『運命』、『惡魔の子』を監督した[1][2]

ライマン・フランク・ボームがエディス・ヴァン・ダイク名義で、1914年(大正3年)に発表した小説 Aunt Jane's Nieces Out West にモデルとして登場している[1]

1918年(大正7年)3月28日カリフォルニア州ロサンゼルス市で心臓病により死去した。満55歳没[1]

おもなフィルモグラフィ[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Otis Turner, Internet Movie Database (英語), 2010年4月20日閲覧。
  2. ^ 『ブルーバード映画の記録』 : 製作・著・発行山中十志雄・塚田嘉信、1984年4月、p.60-63.

外部リンク[編集]