フィリップス・スモーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Phillips Smalley
フィリップス・スモーリー
本名 Wendell Phillips Smalley
生年月日 1875年8月7日
没年月日 1939年5月2日(満63歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク市ブルックリン区
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッド
職業 俳優映画監督脚本家映画プロデューサー
ジャンル サイレント映画
活動期間 1910年 - 1939年
配偶者 ロイス・ウェバー
(1906年 - 1922年離婚)
フィリス・ロレイン・エフリン
(1927年 - 1939年死別)
家族 一児

フィリップス・スモーリーPhillips Smalley, 1875年8月7日 - 1939年5月2日)は、アメリカ合衆国俳優映画監督脚本家映画プロデューサーである。本名ウェンデル・フィリップス・スモーリーWendell Phillips Smalley[1]

人物・来歴[編集]

1875年(明治8年)8月7日、アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン区に生まれる[1]

ヴォードヴィルでキャリアを開始し、1910年(明治42年)から1939年(昭和14年)に亡くなるまでの間に200作以上の映画に出演している[1]。1911年(明治43年)には映画監督に進出、その後1921年(大正10年)までの間に300作以上の映画を演出した[1]

1906年(明治39年)5月には女優でのちに脚本家、映画監督、プロデューサーとなるロイス・ウェバーと結婚し、婚姻関係は1922年(大正11年)まで続いた。1905年(明治38年)、スモーリーがマネージャーを務めていたゴーモンの米国部門に、ウェバーが女優として入社したときに、ふたりは出会った。スモーリーはウェバーの共同監督としてクレジットされているが、ウェバーの仕事へのスモーリーの貢献度は解明されてはいない。

1927年(昭和2年)には、二番目の妻フィリス・ロレイン・エフリンと結婚した[1]

1939年(昭和14年)5月2日カリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッドで死去した[1]。満63歳没。ハリウッド・ヒルズにあるフォレスト・ローン・メモリアル・パークの妻フィリスの墓所の隣に眠る。

おもなフィルモグラフィ[編集]

特筆以外は出演である[1][2]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g Phillips Smalley, Internet Movie Database, 2010年4月2日閲覧。
  2. ^ フィリップス・スモーリー、キネマ旬報映画データベースおよびallcinema ONLINE, 2010年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]