ピンク・レディー (カクテル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピンク・レディー
Pink Lady Cocktail.jpg
基本情報
種別 ショートドリンク
ベース ジン
副材料 グレナデン・シロップ、卵白、レモン・ジュース(本来は用いない
詳細情報
作成技法 シェーク
グラス Cocktail Glass (Martini).svg
シャンパン・グラス、カクテル・グラス
備考 このレシピは本来は誤伝。
テンプレートを表示

ピンク・レディーとは、ジンをベースとするカクテルであり、ショートドリンクに分類される。グレナデン・シロップ卵白を使うため、ピンク色に見える。

由来[編集]

発祥の地はイギリスである。1912年にイギリスで上演されていた同名の舞台にちなんでおり、主演女優のヘーゼル・ドーンに対して打ち上げパーティの席上で捧げられたのが最初である。

なお、日本のアイドルデュオ・ピンク・レディーの名前は、このカクテルからとったものである。

一般的なレシピ[編集]

  • ドライ・ジン - 45 ml
  • グレナデン・シロップ - 20ml
  • レモン・ジュース - 1tsp
  • 卵白(鶏卵) - 1個分

手順 [編集]

  1. 材料をシェイカーに入れる。きれいなピンク色になるよう、グレナデン・シロップの量は微調整する。
  2. 氷と共に強くシェイクする。卵白が入っているので、特に強くシェイクする必要がある。
  3. ソーサー型のシャンパン・グラス、またはカクテル・グラスに注ぐ。

補足[編集]

ただし、このレシピは本来は誤ったレシピである。 レモン・ジュースを用いるものはクローバー・クラブである。

参考資料[編集]

  • 澤井慶明(監修)、永田奈奈恵(カクテル指導)『カクテルの事典』(成美堂出版、1996年)、p.109

関連項目[編集]