ビッカース ウェリントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビッカース ウェリントン

Vickers Wellington.jpg

ビッカース ウェリントン(Vickers Wellington)は、第二次世界大戦初期のイギリス空軍で使用されたヴィッカース社製の爆撃機である。ヴィッカース社独特の大圏構造の機体を持つ爆撃機で、第二次世界大戦初期のイギリス空軍において爆撃機部隊の柱として活躍し、「ウィンピー」(Wimpy)の愛称で親しまれた。1943年秋以降は爆撃任務から外され、沿岸哨戒や輸送任務で使用された。

Uボートに最も怖れられた兵器の1つで、いわば空の”指輪の幽鬼”だった[1]

概要[編集]

本機の開発は、イギリス空軍から出された新型爆撃機の仕様に従って1932年9月から開始された。原型機は1936年6月に初飛行しその年の航空ショーで最新鋭機として紹介されたが、翌年墜落事故を起こして失われた。しかし空軍は、この機体の生産型を180機発注し、量産1号機MK.1は1937年12月に初飛行した。

ウェリントンは、角張った胴体を持つ双発機で、胴体、翼等の主要部分はヴィッカース社独特の大圏構造で作られていた。これは、金属製の細い素材を籠状に編み、その上から羽布を張った構造で、頑丈かつ軽量で多少の敵からの攻撃でも大きな破壊から免れることが出来るという利点があった。反面、製造工程が複雑になることや、気密性に劣るため高高度での活動には不向きである等の欠点もあった。最初の量産型は、機首と機尾に動力式の連装式の銃座を持ち、爆弾は腹部の爆弾倉に2000kg搭載できた。エンジンは、初期の型では1000hpのブリストル ペガサスだったが、その後ロールス・ロイス マーリン10やブリストル ハーキュリーズ3に強化されている。

1938年から部隊配属が開始され、第二次世界大戦開戦時には6個の飛行隊に配備されていた。1939年9月にブルンスビュッテル(Brunsbüttel)に爆撃を行ったのが本機の初陣で、その後暫くは昼間爆撃に用いられた。しかし、同年12月の作戦において作戦参加機の半分以上を喪失もしくは大破させられるという損害を被ったことをきっかけにして、本機は夜間爆撃任務に回されることになった。

夜間爆撃機としては本機はよく働き、大戦前半にドイツイタリアの工業地帯爆撃に活躍した他、中東北アフリカギリシャ方面でも活動した。また、1942年にはインドにも派遣され、イギリスの極東における最初の長距離爆撃機となった。

大戦後半になると爆撃機として使用するには性能的には苦しくなり、1943年秋以降は沿岸航空隊における哨戒任務や輸送、爆撃練習などで利用されるようになった。機体の容量に余裕があり、扱いやすく、長時間飛行できる機体だったため、これらの任務のための専用型の生産が続けられ、最後の生産機が生産ラインを出たのは大戦終結後の1945年10月だった。

スペック[編集]

金属の骨組みに布を張った構造
  • 全長:19.68 m
  • 全幅:25.26 m
  • 全高:5.31 m
  • 全備重量:12,910 kg
  • エンジン:ブリストル・ペガサス17 空冷9気筒 1000 hp×2
  • 最大速度:378 km/h
  • 実用上限高度:5,500m
  • 航続距離:3,540 km
  • 武装
    • 爆弾2,000kg
    • 7.7mm機銃×6
  • 乗員 6名

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「Engineers of Victory」Paul Kennedy p54

関連項目[編集]