ヒルフェルスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒルフェルスム
Gemeente Hilversum
Hilversum centrum A.jpg
Hilversum vlag.svg Coat of arms of Hilversum.svg
基礎自治体旗 基礎自治体章
位置
ヒルフェルスムの位置の位置図
ヒルフェルスムの位置
座標 : 北緯52度23分 東経05度18分 / 北緯52.383度 東経5.300度 / 52.383; 5.300
行政
オランダの旗 オランダ
  北ホラント州
 基礎自治体 ヒルフェルスム
地理
面積  
  基礎自治体域 46.24km2
    陸上   45.59km2
    水面   0.66km2
人口
人口 (2012年11月1日現在)
  基礎自治体域 86,030人
    人口密度   1,888人/km2
その他
等時帯 CETUTC+1
夏時間 CESTUTC+2
郵便番号 1200 - 1223
市外局番 035
公式ウェブサイト : http://www.hilversum.nl

ヒルフェルスム:HilversumNl-Hilversum.ogg 発音を聞く[ヘルプ/ファイル])は、オランダ中部北ホラント州基礎自治体ヘメーンテ)。ヨーロッパ最大のコナベーションエリアであるランドスタットの一角を占めている。 首都アムステルダムの南東30km、ユトレヒトの北20kmに位置している。 ヒルフェルスムはしばしば、「メディアの街」と呼ばれているが、オランダのラジオ局、テレビ局が集中しているからである。1920年代から続く短波ラジオ局のラジオ・ネーデルランドもここを拠点としている。

歴史[編集]

ヒルフェルスムで発見された土器により、青銅器時代中期あるいは紀元前800-1200年頃までこのエリアで続いていたとされる物質文化は、ヒルフェルスム文化と名づけられた。この先史時代の文明の工芸品は、ブリテン島南部のウェセックス文化との類似性があり、ヒルフェルスムの最初の定住者は、ブリテン島南部よりやって来たことを示している可能性がある。 最初のレンガ造りの居住区は、西暦900年頃に形成されたが、ヒルフェルスムに関する最初の公式文書が発見されたのは、1305年の書物である。当時はナールデンの一地区であった。 このエリアは、中世において、農業、牧羊、羊毛産業で生計を立てていた。 1424年3月21日、街は公式に最初の独立自治状態となった。このことにより、新しい産業を発展させる上で、もはやナールデンの許可は必要なくなったため、街は更に発展した。17世紀、オランダ全体が繁栄の時期に入り、街は更に発展し、造られた運河により、アムステルダムとも運河を通して間接的に繋がることとなった。1725年、1766年の大火により、街のほとんどが壊滅し、古いタウンハウスの一部はや隣の教会は、跡形もなくなった。 街はこれらの経済的な後退を克服し、繊維産業は発展し続けた。19世紀に、大規模な繊維やタペストリーの産業が興こった。1874年に開通したアムステルダムまでの鉄道が、これを後押しした。このときより、街は急速に発展し、アムステルダムへの通勤者も増え、周辺の森を切り開いて新しい大規模な住宅地を建設し、人々も徐々に街に定住し始めた。

外部リンク[編集]