ヒツジ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒツジ属
アルガリ
アルガリ Ovis ammon
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
亜目 : ウシ亜目 Ruminantia
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ヤギ亜科 Hippotraginae
: ヒツジ属
Ovis Linnaeus, 1758

ヒツジ属(ヒツジぞく、Ovis)は、動物界脊索動物門哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科に属する

分布[編集]

北アメリカ大陸西部、ユーラシア大陸[1][2]

形態[編集]

最大種はアルガリ体長オス180-200センチメートル[2][3]。肩高オス115-130センチメートル[3]体重オス95-180キログラム[2][3]。最小種はムフロンで体長オス110-130センチメートル[2]。肩高オス65-75センチメートル[2]。体重オス25-55キログラム[2]。メスよりもオスの方が大型になる[1]。尾は短いが[1]、家畜種はこの限りではない[2]。顎に髭状の体毛は伸長しない[2]

雌雄共に角があり(ムフロンの一部個体群を除く)、多くの種で角は先端が前方や上方へ向かう[1][2]。角の断面は三角形[2]。眼下部(眼下腺)や後肢内側基部(鼠蹊腺)、蹄の間(蹄間腺)に臭腺がある[1][2][3]涙骨には窪みがある[2]上顎骨鼻骨の間に前顎骨が突出する[2]

メスは角がより小型で、湾曲も小さい[2]。乳頭の数は2[1][2]

分類[編集]

更新世前期に出現したと考えられている[2]

生態[編集]

高山、砂漠などに生息する[2]。繁殖期を除いて雌雄別々に生活する[1]

食性は植物食で、主にを食べる[1]

人間との関係[編集]

アジアムフロンやムフロンが家畜化され、ヒツジになったと考えられている[1][2]

開発による生息地の破壊、家畜との競合、角目的の乱獲などにより生息数が減少している種もいる[3]

画像[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科4 大型草食獣』、平凡社1986年、147、149頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育7 (偶蹄目III)』、東京動物園協会、1988年、111-120頁。
  3. ^ a b c d e f g 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、40、160-161頁。

関連項目[編集]