パリオリンピック (1900年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パリオリンピック
第2回オリンピック競技大会
Games of the II Olympiad
Velodrome de Vincennes.jpg
開催都市 フランスの旗 フランス パリ
参加国・地域数 13
参加人数 1,225人
競技種目数 19競技95種目
開会式 1900年5月14日
閉会式 1900年10月28日
主競技場 ヴェロドローム・ド・ヴァンセンヌ
テンプレートを表示

パリオリンピックは、フランスパリ1900年5月14日から10月28日に行われた夏季オリンピック。オリンピックは自分たちの国技であると主張するギリシャの努力にもかかわらず、IOCは、毎年異なる場所でオリンピックを行うことを決定した。

また、この大会は万国博覧会の附属大会として行われたため、会期が5か月に及ぶことになった。大会運営も混乱をきたし、メダルが与えられたのは、クーベルタンが運営に関わった陸上競技のみで、このメダルが実際に選手に届いたのは2年後のことであったといわれている。また、現在では陸上競技のみをオリンピックだったと公式に定められ、歴史の浅いオリンピックの黎明期を物語る大会となった。

ハイライト[編集]

  • ボート競技舵手付きペア種目では、オランダチームのコックス(舵手)であったヘルマウス・ブロックマンが体重が重すぎたため外され、その代役として、たまたま観客席にいた7歳から10歳くらいと見られるフランス人の少年が飛び入りで参加し、そのチームは優勝した。この少年は2012年現在でも史上最年少のオリンピック金メダリストと推定されているが、本人は競技終了後、身元確認を受けることなく会場から姿を消してしまい、この少年の正確な年齢はおろか名前さえも分かっていない[1]
  • 射撃では鳩を的にして鳩を撃つ競技が行われた。(さすがに残虐的だと非難され、この大会のみの競技となった。)
  • 凧揚げ・魚釣りなどの風変わりな競技もあった。
  • この大会は陸上競技のみを正式に五輪競技とした一方、他の競技の勝利を公式に認めているため運営上矛盾が存在する。

実施競技[編集]

各国の獲得メダル[編集]

国・地域
1 フランス フランス(開催国) 26 41 34 101
2 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 19 14 14 47
3 イギリス イギリス 15 6 9 30
4 混合チーム 混合チーム 6 3 3 12
5 スイス スイス 6 2 1 9
6 ベルギー ベルギー 5 5 5 15
7 ドイツ ドイツ 4 2 2 8
8 イタリア イタリア 2 2 0 4
9 オーストラリア オーストラリア 2 0 3 5
10 デンマーク デンマーク 1 3 2 6

主なメダリスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]