パトリック・ジンケヴィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パトリック・ジンケヴィッツ
Patrik Sinkewitz
Cycling (road) pictogram.svg
Patrik Sinkewitz(2), Eschborn-Frankfurt City Loop 2009-33.jpg
個人情報
本名 Patrik Sinkewitz
パトリック・ジンケヴィッツ
生年月日 1980年10月20日(34歳)
国籍 ドイツの旗 ドイツ
身長 173cm
体重 63kg
チーム情報
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クライマー
プロ所属チーム
2001–2002
2003–2005
2006–2007
2009
2010–2011
2012/9-
マペイ
クイックステップ
T-モバイル
PSK
ISD-ネーリ
Meridiana Kamen Team
主要レース勝利
ドイツ・ツアー 2004
ルント・ウム・デン・ヘニンガー=トゥルム 2007
ジャパンカップ 2004
最終更新日
2012年4月3日

パトリック・ジンケヴィッツ(Patrik Sinkewitz、1980年10月20日 - )は、ドイツフルダ出身の自転車競技ロードレース)選手。

来歴[編集]

2001年、マペイと契約を結んでプロ転向。

2003年

2004年

2006年

2007年

  • ルント・ウム・デン・ヘニンガー=トゥルムを制覇。
  • ツール・ド・フランスにおける一件が、当人のレースキャリアに傷をつけることになる。第8ステージで観客と衝突したことが影響し、第9ステージ不出走のためリタイアしたが、その後同年7月18日、テストステロン陽性反応が出る。同月31日、Bサンプルでも陽性が確認され、この日をもってT-モバイルとの契約を打ち切られた。同年11月、輸血ドーピングを行っていたことを認め、1年間の出場停止処分が下った[1]

2009年、PSK・ホワイアールプール=オーソーに加入し、レース復帰した。

2010年、ISD - ネーリに移籍。

2011年

2012年

  • 6月、ドイツスポーツ裁判所は、ヒト成長ホルモンのドーピング疑惑について、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)のガイドラインは科学的根拠に基づいたものとは言い難いとして、ジンケヴィッツに勝訴の判決を下した[3]
  • 9月19日、Meridiana Kamen Team (独語版)と契約し競技活動を再開。

2013年

脚注[編集]

  1. ^ Sinkewitz receives one-year ban - BBC SPORT 2007年11月16日付記事(英語)
  2. ^ UCIプレスリリース
  3. ^ Sinkewitz cleared of HGH doping charges - www.cyclingnews.com 6月21日付(英語)

外部リンク[編集]