バーコードワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーコードワールド
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 サンソフト
発売元 サンソフト
人数 1-2人
メディア ロムカセット
発売日 1992年12月18日
テンプレートを表示

バーコードワールド』は、1992年12月18日サンソフトから発売されたファミリーコンピュータロールプレイングゲーム

概要[編集]

1992年夏、エポック社から発売されヒットした電子ゲーム『コンビニウォーズ バーコードバトラーII 時空を超えた戦士達』(以下「BBII」と略す)。このゲーム機には、入力したバーコードのデータを他の機械に転送できる出力端子が付いていた。

この端子を利用してBBIIと連動するファミコンソフトを生み出そうという「ファミコン合体計画」が進められ、その結果誕生したのが本作である。エポック社とサン電子の協力によって開発された。

商品はROMカセットの他、BBIIとファミコン本体を接続する「専用接続コード」と、本ソフト用のバーコードカード30枚がセットされている。そのため、パッケージはスーパーファミコンソフト並の大きさになっている。

ゲームモードは「対戦」と「シナリオ」の2つが存在するが、どちらも最初にBBIIを使ってキャラクター入力を行う必要がある。そのためパッケージには、BBIIがないと遊べないと明記されている。また中古などで接続コード無しの商品を購入した場合、対戦だけではなく新規データでのシナリオプレイも不可能となる。

当時バーコードバトラーを大きく扱っていた『月刊コロコロコミック』では、発売前には本作も大きく紹介していたが、発売後は扱いが小さくなった。同誌1992年1月号において、本作の宇宙ステーションに登場する「へんなおじさん」の愛称を公募するという企画があり、「CHAR爺(ちゃーじい)」に決定した。しかしこの募集は本作発売直前の号で行われたため、作中には反映されず、説明書では「博士」とだけ呼ばれている。

対戦モード[編集]

BBIIのフリー対戦モードをそのままゲーム化したもので、ルールなども同じ。BBIIでは画面に数値でしか表示されなかったキャラクター達が、グラフィック付きで対戦を行うというのが売り文句であった。

魔法を使用した時は、火の玉や光線が発射されるというアニメーションがあるが、キャラクターのグラフィック自体は一切アニメーションしない。

1P側が入力したキャラクターは、シナリオモードに登場する味方側キャラクター8体のいずれかのグラフィックになる。2P側が入力したキャラクターは、敵キャラクターのグラフィックになる。

「合体」を行った場合、前者側のキャラは必ず「本作オリジナルのキャラクター(名前不明)」に、後者側のキャラは必ず敵キャラの「ムーニー・リー」の姿に変化する。

シナリオモード[編集]

「Silent Empire -沈黙の帝国-」というタイトルが付いている。

物語の舞台の名称は「バーコード星雲」。これはBBII本体のシナリオモード「コンビニウォーズ」の舞台と同じ名称で、本ソフトのオープニングデモには「コンビニウォーズ エピソード IN FC」とクレジットされている。ただし設定やストーリー展開などはオリジナルのものとなっている。

本モードの敵キャラは、BBII本体のシナリオモードの敵キャラの流用だが、一部名前が変更されているキャラが存在する。理由としては文字数の都合(ラーメン堕悪大帝→ラーメンダークキングなど)や商標権上の都合(ティモテ姫→テモテひめなど)がある。

ストーリー[編集]

美しい自然と高度な文明が調和する宇宙の楽園「バーコード星雲」。住人達は平和に暮らしていた。

しかしバーコード歴708年、星雲は突如出現した謎の侵略者「帝王ゴッド」率いる要塞戦艦軍に襲撃された。瞬く間に制圧され、力を全てとする「ネオ・ゴッド帝国」と化した星雲。悪夢はこうして始まりを告げた。

…3年後のバーコード歴711年、帝国から逃げ延びた一握りの住人達は、帝国を打ち倒すべく反乱軍を結成した。彼等の名は「バーコードバトラー」。希望の戦士である。

かくして死闘は始まった。果たして帝王ゴッドとは何者なのだろうか…。

ゲームの流れ[編集]

セーブデータを新規作成する際、まず「チーム名」を入力する(平仮名・片仮名から、4文字まで)。次に主人公となるキャラクターを2人分、BBIIを用いて入力する。次にそのキャラの名前を入力(8文字まで)し、グラフィックを4種類の中から選び、色を各8種類のカラーパターンから決める。

このモードは20のワールド(面)からなっている。敵キャラが守る「恒星系」で戦闘を行い、勝利すると次の恒星系へと進める。出現する敵の種類と編成は、恒星系ごとに決まっている。こうしてそのステージの最後にある「ボス恒星系」まで進み、ボス敵を倒せばそのステージはクリアとなる。どのステージも(宇宙ステーション以外は)一本道であり、クリアする為には全ての恒星系の敵を倒さなくてはならない。ボスまでの道中のイベントはほとんどない。特定の面のボスを倒すと、デモが流れる。

戦闘は基本的に対戦モードと同じだが、アイテムはあらかじめキャラに所持・装備させておく必要がある。また戦闘中のアイテムの使用、及び退却は可能である。

宇宙ステーションでは、BBIIを用いての新たな仲間の登録、及びアイテムの生成が行える。仲間は最高で8人まで登録できるが、パーティには一度に3人までしか加えられない。アイテムは最終的には32種類まで登録できる。

ワールド20のボス・帝王ゴッドを倒すとイベントが発生し、黒幕の存在が明らかになる。その後全てのステージのボスを倒せば(既に倒しているならその場で)黒幕の待つ隠しステージへ行く事ができる。

アイテムについて[編集]

ステーションで生成できるアイテムは、武器・防具・その他の装備品・道具の4種類がある。キャラクターは1人につき4つまでアイテムを所持できる。武器・防具・その他の装備品は、1人各1つずつのみ装備可能。バーコードバトラーで入力すると武器になるカード・防具になるカードは、本ソフトに入力してもそれぞれ武器・防具となるが、その性能は元のバーコードの強さとは無関係。つまり強力な武器を入力しても、本ソフトでは最弱の武器に変化することもありうる。

BBIIでは魔法使いは武器と防具を装備できなかったが、本モードでは誰でもどんな装備品でも装備できる。

道具は戦闘中に一度使うと失われるが、その恒星系での戦闘を終わらせれば復活する。なお同一のアイテムは2つ以上登録することはできない。

付属カード[編集]

カード30枚の内訳は、ホワイトカード(キャラ自作用のカード)6枚、キャラカード8枚、アイテムカード16枚となっている。

キャラカードは、サンソフトのゲームソフト『へべれけ』のキャラクター4人と、かつて同社から出たファミコンソフト4作の主人公キャラ(『超惑星戦記 メタファイト』のケイン=ガードナー、『ギミック!』のゆめたろー&おはぎ、『デッドゾーン』のキャリー、『マドゥーラの翼』のルシア)をカード化したもの。シナリオモードで入力すると、グラフィック設定時に隠しグラフィックを選択できる。

関連項目[編集]