バーガーシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バーガーシティは、かつて日本にあった中堅ハンバーガーチェーン店である。

概要[編集]

同チェーンは主として関西地区を中心に鉄道駅駅前や、テナントビル内などにおいて展開し、小面積の店舗を多数抱えて1980年代前半~半ばにかけて急成長した。

  • 元々はフランチャイジーに対し、大手チェーン店では当時難しかった小スペースでも開業できることを謳っていたこともあり、店内が非常に狭いという店舗が多かった。
  • 接客カウンター部が5坪あるかないかというような店もあったなど、多くの店舗が実質テイクアウト専門に近い形態で営業していた。

マクドナルドロッテリアなど大手チェーン店がハンバーガーを1個200円で販売していた時代に、同1個100円という超格安で販売したことで更なる注目を集めた。

全盛期には「百円満点、バーガーシティ」というキャッチフレーズを入れたテレビCMも積極的に放映していた。

しかし、1990年代に入り、大手ハンバーガーチェーン店(特にマクドナルド)がミニ店舗(主にスーパー店内)やロードサイド店舗を積極的に出店するようになったことや、コンビニエンスストアとの競合激化、さらには円高デフレによる大手の値下げ攻勢などで、逆にバーガーシティのハンバーガーが割高となるなど、価格・サービス面で大手に対抗できなくなり経営が悪化、最終的に倒産に至った。

現在は近畿地方などにおいて、一部の店舗が個人商店として細々と運営されているのみとなっている。

外部リンク[編集]