バラトプル (ネパール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バラトプルから転送)
移動: 案内検索

バラトプルネパール語: भरतपुर नगरपालिका: Bharatpur)は、ネパール中南部、チトワン郡の郡庁所在地である。

チトワン渓谷に位置し、かつてのナラヤンガートの町を含む。2005年の推計では人口は125,112人でネパール第7の都市である。バラトプルは最も成長の早い都市の一つである。ナラヤニ川の岸に広がり、チトワン郡と中央ネパールの商業の中心地となっている。東西を結ぶマヘンドラ・ハイウェイの中間と、南北に結ぶ、カトマンズ-ビルガンジ幹線道路の中間地点に位置する。

バラトプルからカトマンズまで146キロ、ポカラまで126キロ、ブトワルまで114キロ、ビルガンジまで128キロ、ヘトウラまで78キロ、ゴルカまで67キロという近さは、地理的重要性を示している。道路事情の良さに加えて、バラトプルからは空路、カトマンズとポカラに毎日定期便が飛んでいる。

ショッピング地域はほとんど旧ナラヤンガートにある。一方、官庁や大病院、大学はバラトプルの方にある。B.P.コイララ記念がん病院もここにある。

バラトプルの経済は伝統的に農業に基礎を置いてきた。農地は次第に工業地帯や住宅地に変わっていった。バラトプルの主要産業は小規模な加工業である。多数の鶏肉加工工場が市内で発展した。全国の需要の60%を賄っていると言われている。さらに、かなりの量の鶏肉は輸出されている。そのほか、キノコ、ハチミツ、草花の栽培、サービス産業(教育と医療)が盛んである。

チトワン郡は食糧供給地帯と見なされ、バラトプルで加工され、カトマンズ、ポカラその他の大都市に供給される。一方、コカコーラサン・ミゲルなどの多国籍企業も市内に拠点を置いている。多くのビジネスがこの町を拠点にしている。 中央にあるという位置と、バラトプルの十字路が卸・小売の商業機能を高めている。

観光[編集]

  • チトワン国立公園:これまで「ロイヤル・チトワン国立公園」として知られた自然保護公園。ユネスコ世界遺産に登録されている。
  • ナラヤンガート:ショッピングのみならず、ホテル、ロッジなどの宿泊施設やレストランなどが充実しつつあり、交通も至便である。
  • マウラ・カリカ寺院:ナラヤニ川の北側に位置する観光スポット。山の麓から階段が整備されており、頂上まで2キロのハイキング。晴れの日は山の頂上からマナスル山脈も見える。

宗教施設[編集]