ハルパゴルニスワシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハルパゴルニスワシ
Haastseagleattacksamoa.jpg
ハルパゴルニスワシ(左上)がモアを襲う姿の推測模型
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Falconiformes
: タカ科 Accipitridae
: Harpagornis
: H. moorei
学名
Harpagornis moorei Haast, 1872
和名
ハルパゴルニスワシ
英名
Haast's Eagle

ハルパゴルニスワシ英語: Harpagornis Eagle学名Harpagornis moorei)は、かつてニュージーランド南島に生息していた大型のワシハースト・イーグル (Haast's Eagle) という名でも知られる。ニュージーランドの原住民であるマオリ族には Pouakai、より一般的には Hokioi、または Hakawai と呼ばれる大型猛禽類の伝承があり、それは本種に由来しているとも言われる[1]

を広げた長さが3メートルに達したとも言われる史上最大級の猛禽類だった。一説には同じく巨大な鳥類として知られるモアを捕食していたとも考えられ、ニュージーランドにマオリ族が入植し、乱獲によってモアが絶滅した後、本種も西暦1500年頃には絶滅したと考えられている。

概要[編集]

ハルパゴルニスワシは、ユーリウス・フォン・ハースト (Julius von Haast) によって初めて生物学的に分類され、その後、骨の発見場所(Glenmark Estate )の所有者であるジョージ・ヘンリー・ムーア (George Henry Moore) にちなみ Harpagornis moorei と命名された。

頭蓋骨
アカヒメクマタカ英語版(右)とハルパゴルニスワシ(左)の足の比較

発掘された骨格から推測される体重は、メスで10-15キログラム、オスでは9-10キログラム程と考えられている。全高はメスで140cm以上、オスでも90cm以上とされ、さらに翼幅はおおよそ2.6-3m程に及んだと考えられている。翼幅そのものは巨大だが、現存する猛禽類の体重比率からすると決して突出した数値ではなく、ニュージーランドの密林で狩猟を行う際に、この幅の短さを役立てていたとも推測されている。

飛行形式[編集]

大型鳥類が得意とするソアリング(滑翔)式ではなく、強力な両脚と巨大な飛翔筋による高翼面荷重と機動性を進化させていったと考えられている。その根拠として、長く幅広な尾翼(メスの標本で50cm以上)が挙げられており、これによって機動性と揚力増大を両立させていたとされる。鳥類としては重量級となる体重にもかかわらず、地面から跳躍しての離陸が可能だったとも考えられている。

生態[編集]

ヨーロッパ人が入植する近年以前は、ニュージーランドにおいて確認されている陸生の哺乳動物は3種類のコウモリのみだったため、本種には哺乳類との生存競争の脅威がなく、ニュージーランド生態系の頂点に存在していたと考えられている。同じく巨大生物であったモアは草食であり、生態的にはゾウやウシに近かった可能性が高いのに対して、本種は現在におけるトラやヒグマに近い生態的地位にいたと推測されている。

狩猟[編集]

モアを襲うハルパゴルニスワシの想像図

本種の狩猟スタイルは、現在の猛禽類が行うような、上空から高速で攻撃を仕掛け、片足の鉤爪を獲物の肉や骨に突き刺し、もう一方の足で頭や首を打って負傷させ、大きなくちばしで内臓に向かって体を引き裂き獲物を失血死させるものだったと推測されており、その滑空速度は時速80kmを越えていたとも言われる。

メインとなる中小の生物だけでなく、自身の体重の10倍以上にもなるモアを捕食していたという説もある。 この説は、本種の大型化・体重増加が、モアをはじめとする大型生物を捕食する事への適応であるという考えによるものだが、実際のところ、発見されたモアの骨に本種が捕食した痕跡がある物は少数しか存在せず、単に死骸を食べた痕跡である可能性もある[2]。モアを襲う場面はイラストや標本展示で多数再現されるが、あくまで証拠よりイメージ優先の趣が強い。現在においても、大型の猛禽類とモアに近いダチョウ類が生息域に重なる地域で、後者が捕食されるケースは殆ど確認されていないため[3][4]、生息環境の違いはあったとはいえ、多数発生した状況であったかどうか、捕食自体が可能であったのかどうかは実証されていない。

近縁種[編集]

骨から採取されたDNA分析の結果、本種はヒメクマタカなど、小型のワシと密接な遺伝的関係を有することが判明している。本種は、この小型種ワシから約70-180万年ほど前に分化したと考えられ、逆算するとそれ以後に10倍以上も体重が増加したこととなる。この増加率は、現在知られている脊椎動物の中では最大級の体重進化であり、この要因には、その巨躯を支える獲物が大量に存在し、また他種との生存競争が激化しなかったことが背景に存在すると考えられている。

生存説[編集]

著名な探検家であるチャールズ・ダグラスは、「1870年代にニュージーランドのランズボロー川渓谷において2羽の巨大な猛禽類と遭遇し、これらを撃って食べた」と自身の旅行記に記している。これが事実であるならば、これらは本種の生き残り個体であった可能性もあるとされる。ただし、この頃には本種にその子孫を維持するだけの餌は存在していなかったと考えられている。また、現地マオリ族の口伝も「姿の見えない鳥」という内容があることから、直接ハルパゴルニスワシと関連のある物ではないという考えもある。

脚注[編集]

  1. ^ :「その鳥は姿を見せないが、非常に大きな羽音を立てる、そのためマオリ族はそれが大きく強力な鳥とし、巨大なワシの姿と考えた。」という伝承がある
  2. ^ 捕食者にとって死肉食は重要な栄養補給方法であり、猛禽類は元来、その傾向がより強い。
  3. ^ 現在においても、大型の捕食者(ライオン、トラ、クマ)がより大型の対象(サイ、ゾウ、ウシ等)を襲うことは稀であり、その狩りの成功率も低い。
  4. ^ 大型の捕食者が、より大型の動物を捕食する事に特化したという例は確認されていない。