ハリー・ペイン・ホイットニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリー・ペイン・ホイットニー

ハリー・ペイン・ホイットニーHarry Payne Whitney, 1872年4月29日 - 1930年10月26日)は、アメリカ合衆国実業家馬主ホイットニー家の一員で、一族の基礎となったウィリアム・コリンズ・ホイットニーの息子である。

生涯[編集]

青年期[編集]

マサチューセッツ州グロットングロットン・スクールからイェール大学へと進学し、同大学のスカル・アンド・ボーンズに参加した後の1894年に法学の学位を得て卒業した。

1904年に父ウィリアムが死去、父の遺産のうち2400万ドル相当の資産を相続した。また、1917年にはおじのオリヴァー・ハザード・ペインの遺産約1200万ドル相当も受け取っている。

ヴァンダービルト家出身のガートルード・ヴァンダービルトと結婚し、その間に1男2女を儲けた。この関係でヴァンダービルト家の事業にも関わり、ロングアイランド公園道路の取締役会にも出席した。

ハリーは篤志家として多くの事物に携わった。1920年、ハリーはアメリカ自然史博物館の研究チーム、および鳥類学者ロロ・ベックで編成された、太平洋島嶼地域の植物・鳥類の調査隊に出資した。この調査は12年に亘って続けられている。

スポーツ活動[編集]

ハリーは父譲りの熱心なポロプレイヤーでもあり、1909年には後にイングランド代表を破った全米ポロチームを結成している。後述するサラブレッド競馬以外に、1915年にはポロ競技用の競技馬の生産牧場も開設している。

また、モントークヨットクラブの取締役を務め、自身も所有のヨット・ヴァニティー号をアメリカズカップに出場させている。

ハリーはクイルハンティング(ウズラ狩り)も嗜んだ。1920年頃には、フロリダ州にあった14000エーカーのハンティング用地を購入している。

馬主業[編集]

父からハリーに受け継がれた遺産の中には、牧場や競走馬など競馬に係わるものも多かった。ハリーもまた競馬に深く係わり、20世紀初頭のアメリカ競馬界の牽引役となった。

当初遺産として引き継がれたものには種牡馬ハンブルグなどがおり、なかでも当時2歳でデビュー前であった牝馬アートフルは8戦6勝で81,125ドルもの賞金を稼ぎだした。

最初の頃はハンブルグを、後にブルームスティックを主幹の種牡馬にして競走馬を生産し、ウィスクブルームに代表されるような名競走馬を多く作りだした。ハリーはアメリカ最優秀生産者に8度選ばれ、また所有したステークス競走勝ち馬は約200頭にものぼる。以下は代表的な所有馬。

上記以外にもクラシックホースを所有しており、なかでもプリークネスステークス勝ち馬が6頭も存在した。この記録は、後にカルメットファームに抜かれるまでの間、同競走の最多勝利記録であった。

ハリーの所有した牧場と資産は、その後息子のコーネリアス・ヴァンダービルト・ホイットニーに引き継がれている。

晩年[編集]

1930年10月26日、ハリーは58歳でこの世を去った。その遺骸はニューヨーク市ブロンクスウッドローン墓地に葬られている。

タイム誌はハリーの没後、ニューヨーク州がハリーの死亡時点での資産を6280万8000ドルと見積もったと報じた。また、スポーツ関連の絵画はイェール大学アートギャラリーに寄贈された。

家族[編集]

外部リンク[編集]