ホイットニー家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホイットニー家(ホイットニーけ、Whitney Family)は、アメリカ合衆国において事業運営や投資、篤志活動、および競馬産業などを展開してきた名士の一族のひとつ。イギリスロンドン出身で、マサチューセッツ州ウォータータウンに移り住んだジョン・ホイットニーJohn Whitney、1592年 - 1673年)を祖とする。

一族の出身者には発明家のイーライ・ホイットニーなどがいるが、特に著名なものはアメリカ合衆国海軍長官を務めたウィリアム・コリンズ・ホイットニーWilliam Collins Whitney、1841年 - 1904年)を祖とするニューヨーク州を拠点とした一族であり、一族の実質的な創始者をウィリアム、またはその父ジェームズ・スカリー・ホイットニー(James Scollay Whitney、1811年 - 1878年)とする見方もある。

以下、ウィリアム以降のホイットニー家について解説する。

ニューヨークのホイットニー家[編集]

マサチューセッツ州コンウェイ出身のウィリアムは、大学卒業後にニューヨーク市弁護士として活動し始めた。その後事業者・政治家としても成功して巨額の資産を築き上げ、以後のホイットニー家の事業や投資への原動力となった。

ウィリアムの没後、長男であるハリー・ペイン・ホイットニーヴァンダービルト家出身の芸術家ガートルード・ヴァンダービルトと結婚し、同家との関係を強化した。ガートルードは芸術家の保護に努め、またホイットニー美術館の創設にも携わるなど美術関連の篤志活動が多く、その息子であるコーネリアス・ヴァンダービルト・ホイットニーもその路線を引き継いだ。

また、ホイットニー家の面々はスポーツにも興味を示した。ウィリアムはポロの愛好家であり、息子のハリー、その子コーネリアスなどもポロ愛好家の一人であった。また、ペイン・ホイットニーの娘であるジョーン・ホイットニー・ペイスンニューヨーク・メッツの創設に携わり、その初代オーナーとなっている。

競馬との関わり[編集]

ウィリアムは後年競馬に興味を示し、競走馬の所有のみならず生産牧場をも開設した。これ以後、ホイットニー家はアメリカ合衆国の競馬と1世紀以上に亘って深く関係していった。

ウィリアムはアメリカ・イギリスの2カ国で競走馬を所有し、そのうちイギリスでダービーステークスに勝っている。ウィリアムの死後、その競馬関連の資産は子孫に受け継がれ、ホイットニー家はアメリカの競馬史における重要な馬主、および生産者として名を馳せた。その貢献に対する評価は高く、1928年にはホイットニー家を記念したホイットニーステークスサラトガ競馬場に創設されている。

1950年、ウィリアムの孫に当たるコーネリアス・ヴァンダービルト・ホイットニーはニューヨークのサラトガスプリングスアメリカ競馬名誉の殿堂博物館を創設し、その初代館長として就任した。以後同博物館はアメリカの競馬における殿堂として機能し、功績のあった競走馬や騎手、調教師らを表彰する殿堂選考を行うようになった。ホイットニー家の生産馬・所有馬も数多く殿堂入りしており、代表的な馬にリグレットエクイポイズトゥエンティグランドなどがいる。

主なホイットニー家の人物[編集]

主なホイットニー家の配偶者[編集]

  • ガートルード・ヴァンダービルトGertrude Vanderbilt、1875-1942)
  • マリー・ルイス・シュローダー(マリールー・ホイットニー Marie Louise Schroeder、1925-)
  • マリー・エリザベス・ホイットニー・パーソン・タピット(リズ・ホイットニー・タピット Mary Elizabeth Whitney Person Tippett、1906–1988)