ハシブトオオヨシキリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハシブトオオヨシキリ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
: ヨシキリ科 Acrocephalidae
: キイロムシクイ属 Iduna
: ハシブトオオヨシキリ I. aedon
学名
Iduna aedon (Pallas1776)
シノニム

Acrocephalus aedon
Phragamaticola aedon

和名
ハシブトオオヨシキリ
英名
Thick-billed Warbler

ハシブトオオヨシキリ(嘴太大葦切、学名 Iduna aedon)は、鳥類スズメ目ヨシキリ科の1種である。

特徴[編集]

分布[編集]

ウラル地方から東シベリア南部、沿海地方までのロシア中国東北部で繁殖し、冬季はインド南部から東部インドシナ半島マレー半島に渡り越冬する。

日本では長らく1927年5月に長野県で観察されたのが唯一の記録だったが、1997年静岡県で記録され、以後石川県舳倉島対馬でも記録されている。

形態[編集]

全長約18cm。

雌雄同色である。体の上面は茶褐色で腰と尾は赤褐色。喉から体の下面にかけては白色。

羽色はオオヨシキリと似ているが、体の上面はやや暗色である。また、眉斑がなく嘴が太く短めであることも識別点となる。

生態[編集]

湿地や川沿いの葦原灌木林に生息する。

分類[編集]

かつてはヨシキリ属 Acrocephalus に分類されていたが、系統が異なるためキイロムシクイ属 Iduna に移された[1]単型Phragamaticola とする説もある。

ヨシキリ科

シマヨシキリ属 Nesillas




ヨシキリ属 Acrocephalus



キイロムシクイ属

ハシブトオオヨシキリ I. aedon



その他のキイロムシクイ属




ハシボソキイロムシクイChloropeta




ウタイムシクイ属 Hippolais




出典[編集]

  1. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2010), “Old World Warblers & babblers”, IOC World Bird Names, version 2.6, http://www.worldbirdnames.org/n-warblers.html 

参考文献[編集]

関連項目[編集]