ヨシキリ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨシキリ科
コバネヨシキリ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
小目 : スズメ小目 Passerida
上科 : ウグイス上科 Sylvioidea
: ヨシキリ科 Acrocephalidae
学名
Acrocephalidae Alström et al.2006
英名
Reed Warblers
Reed‐warblers

ヨシキリ科(ヨシキリか、Acrocephalidae)は、鳥類スズメ目の科である。

特徴[編集]

ユーラシアアフリカ太平洋諸島インド洋諸島オーストラリア(1種のみ)に生息する。

「葦切」の名のとおり葦原などに住む種が多く、草むらにひそむ昆虫を捕食するが、森林生の種もいる。

系統と分類[編集]

系統樹の科間は Johansson et al. (2008)[1]; Irestedt et al. (2011)[2]; Alström et al. (2011)[3]、科内は Fregin et al. (2009)[4]より。Clade HJohansson et al. による仮の系統名である。

Clade H
ヨシキリ科

シマヨシキリ属 Nesillas



ヨシキリ属
Acrocephalus


バスラオオヨシキリ




Calamocichla



Acrocephalus sensu stricto






Calamodus



Notiocichla





キイロムシクイ属
Iduna

ハシブトオオヨシキリ



その他のキイロムシクイ属




ハシボソキイロムシクイCalamonastides




ウタイムシクイ属 Hippolais






センニュウ科 Locustellidae




ミズベマネシツグミ科 Donacobiidae



テトラカヒヨドリ科 Bernieridae





ヨシキリ科は Alström et al. (2006)[3]により新たに命名された科であり、センニュウ科ミズベマネシツグミ科テトラカヒヨドリ科と近縁である。伝統的にはムシクイ類に含められ、他のムシクイ類と共にヒタキ科ウグイス亜科、ウグイス科、ウグイス科ヨシキリ亜科などに分類されてきた。

ヨシキリ科には5つの属が含まれ、これらは全て単系統である。

かつてはヨシキリ科の属の多くは非単系統だったが、多系統だったウタイムシクイ属 Hippolais の一部を Iduna 属に分離し、さらに Iduna 属にキイロムシクイ属 Chloropeta(ただしハシボソキイロムシクイ Calamonastides を分離)とハシブトオオヨシキリ A. aedon を移すことで、それぞれの属は単系統となった。

ハシブトオオヨシキリ単型Phragamaticola とする説もある。ヨシキリ属は多様性が大きいため、Calamodus 属(#属と種コヨシキリセスジコヨシキリ ?)と Notiocichla 属(コバネヨシキリヌマヨシキリ ?)、さらに Calamocichla 属(ケープベルデアシナガヨシキリロドリゲスヤブセンニュウ ?)を分割する説もある[4]

古くはインド洋島嶼性のヤブセンニュウ属 Bebrornis が独立属となっていたが、ヨシキリ属へ統合された。

セッカ科 Cisticolidaeスナチムシクイ Scotocerca 1属1種がヨシキリ科の基底に位置するとする説もあったが[5]、けっきょく、ウグイス科に移された[3]

属と種[編集]

国際鳥類学会議 (IOC)[6]より。和名は厚生労働省[7]などより。

5属55種。

出典[編集]

  1. ^ Johansson, U.S.; Fjeldså, J.; Bowie, Rauri C.K. (2008), “Phylogenetic relationships within Passerida (Aves: Passeriformes): A review and a new molecular phylogeny based on three nuclear intron markers”, Mol. Phylogenet. Evol. 48: 858–876, http://www.nrm.se/download/18.7d9d550411abf68c801800015111/Johansson+et+al+Passerida+2008.pdf 
  2. ^ Irestedt, M.; Gelang, M.; Sangster, G.; Olsson, U.; Ericson, P.G.P.; Alström, P. (2011), “Neumann's Warbler Hemitesia neumanni (Sylvioidea): the sole African member of a Palaeotropic Miocene avifauna”, Ibis 153: 78–86, http://www.nrm.se/download/18.42129f1312d951207af80005795/Irestedt+et+al+Hemitesia.pdf 
  3. ^ a b c Alström, P.; Fjeldså, J.; Fregin, S.; Olsson, U. (2010), “Gross morphology betrays phylogeny: the Scrub Warbler Scotocerca inquieta is not a cisticolid”, Ibis 153: 87–97, http://onlinelibrary.wiley.com/store/10.1111/j.1474-919X.2010.01093.x/asset/j.1474-919X.2010.01093.x.pdf 
  4. ^ a b Fregin, S.; Haase, M.; Olsson, U.; Alström, P. (2009), “Multi-locus phylogeny of the family Acrocephalidae (Aves: Passeriformes) — the traditional taxonomy overthrown”, Mol. Phylogenet. Evol. 52: 866–878 
  5. ^ Barhoum, D.N.; Burns, K.J. (2002), “Phylogenetic Relationships of the Wrentit Based on Mitochondrial Cytochrome b Sequences”, Condor 104 (740–749) 
  6. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2011), “Old World Warblers & babblers”, IOC World Bird Names, version 2.8, http://www.worldbirdnames.org/n-warblers.html 
  7. ^ 厚生労働省 動物の輸入届出制度 届出対象動物の種類名リスト 鳥類一覧