ノスフェラトゥ (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノスフェラトゥ
ジャンル アクションゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 セタ
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 1994年10月7日発売
テンプレートを表示

ノスフェラトゥ』は、1994年10月7日セタより発売されたスーパーファミコン用ゲームソフトである。

概要[編集]

主人公は吸血鬼ノスフェラトゥにさらわれた恋人を助けるため、魔物を退けながら単身敵地の城に乗り込んでゆく。

オーソドックスな横スクロールアクションでありながら、1994年当時に流行した対戦型格闘ゲーム的要素を取り入れ、主人公はコマンド形式の格闘のみで進んでゆく。滑らかなモーションパターンと実写加工等グラフィックをも使用した、当時のラインナップとしては一線を画すグラフィックレベルであり、特にデモやムービーシーンでの演出は手作業で製作されたドット絵でありながら、動画ファイルと見間違うほどの品質を誇った。裏技でステージセレクトが可能になっている。

その他[編集]

  • セタは同系統のホラー系アクションゲームとして、1988年9月27日ファミリーコンピュータにて『8EYES』という作品を発売している。
  • 全容量が16Mbという、当時のアクションゲームとしては異例の大容量となった。
  • パッケージイラストは末弥純が手がけた。
  • マルチエンディング方式を採用しており、ベスト、グッド、バッドの3種類が存在する。
  • ゲームセンターCX2014年2月21日2014年3月6日放送分「有野の挑戦」で取り上げられた。MC有野晋哉が出したエンディングはバッドエンディングだった。その後、ADがグッドエンディングを出したが、ベストエンディングは公開されなかった。

関連[編集]