ニューホランドAg

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューホランド製トラクター(TM135)
ニューホランド製コンバイン(CR 960)
ニューホランド製コンバイン(TX-34)
ニューホランド製コンパクトベーラー

ニューホランド(New Holland)はフィアットグループ傘下の農業機械建設機械メーカーであるCNHグローバルの一ブランドである。「ニューホランド」ブランドの農業機械・建設機械は世界中で販売されている。

創業(エイブラム・ジンマーマン)[編集]

ニューホランドはエイブラム・ジンマーマン(Abram Zimmerman)により1895年アメリカペンシルベニア州ニューホランドに設立された。

買収[編集]

1947年にスペリー(Sperry Corporation)に買収されて、スペリー・ニューホランド(Sperry-New Holland)と改称した。 1964年にはベルギーコンバインメーカー・クレイス(Claeys)を買収している。 芝関連機器の製造部門は1974年にアメリカのアリエンス(Ariens)に売却された。

1986年にはフォードがスペリー・ニューホランドを買収し、フォード・ニューホランド(Ford/New Holland)と改称した。後に一部をイタリア・フィアット社へ売却。

フォード・ニューホランドは1998年、トラクターメーカーであるヴァーサタイル社と建築機械メーカーであるO&K社を買収(O&Kの北米部門はテレックス社に売却)、再びニューホランドと改称した。

2000年にフィアットはケースIHを買収、ニューホランドと合併させてCNHグローバルへ改組した。 「ヴァーサタイル」と「ジェネシス」トラクター部門はカナダのBuhler Industriesへ売却した。

一時期、イタリアサッカークラブ・ユヴェントスのユニフォームの胸スポンサーになっていた。

日本におけるニューホランド[編集]

総代理店・日本ニューホランド[1][編集]

日本ニューホランド株式会社
New Holland HFT Japan, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 060-0001
札幌市中央区北1条西13丁目4
設立 1970年
業種 小売業
事業内容 トラクター・各種高性能機械
及びその他商品の輸入・販売
代表者 芝本政明 (代表取締役)
資本金 2億4千万円
売上高 242億円(2013年4月)
従業員数 591人
テンプレートを表示

現在日本におけるニューホランド製品の総代理店である日本ニューホランドの前身、北海自動車工業北海道札幌市に設立されたのは1934年である。

当初、外国製乗用車の販売と修理の営業を行っていたが、1952年、フォードトラクターの日本総代理店となり、農業用トラクターの輸入販売を開始した。

1970年には北海自動車からトラクター部門が独立し、北海フォードトラクター(HFT)として発足。また、1987年にはフォード・ニューホランド製の牧草機械の販売権をも獲得する。

1995年には社名を日本ニューホランドと変更し、現在に至る。1952年からのトラクタの輸入台数の累計は約65,000台以上で、無借金経営の上に自己資本比率は70%近くに及ぶ。

ニューホランドによる日本国内での製品調達[編集]

ニューホランドはIHIの子会社IHIシバウラから農業用トラクターを調達、欧米市場で自社ブランド製品として販売している。また、日本ニューホランドは独自にクボタから小型トラクターのOEMを受け、ニューホランドブランドで発売している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本ニューホランド公式サイトより

外部リンク[編集]