ニエリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニエリ(Nyeri)は、ケニアの中央部(首都ナイロビから120kmほど北)に位置するケニアの町および地区である。ケニア山国立公園アバディア国立公園のあいだに位置する。

ケニアの最高峰であるケニア山を望む絶景が有名。

ホワイトライノ・ホテル(The White Rhino Hotel)、アウトスパンホテル(Outspan Hotel)、Mweigaのすぐ近くにあるアバディア・カントリークラブ(Aberdare Country Club)などが古きよき時代を今に伝えている。

主な産業は農業。主要作物はコーヒーおよび紅茶で、主食としてはトウモロコシが用いられている。

ロバート・ベーデン・パウエル卿(通称B-P、ボーア戦争の英雄、ボーイスカウト運動の創設者)とその妻オレブ・ベーデン=パウエルの墓所があり、B-Pの終の棲家であったコテージ「パックス・トゥ」(Paxtu、現在は小さな博物館になっている)は、アウトスパンホテルの敷地内にある。

ニエリ出身の著名人[編集]

などがいる。