ケニア山国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ケニア山国立公園/自然林
ケニア
ケニア山
ケニア山
英名 Mount Kenya National Park/Natural Forest
仏名 Parc national/Forêt naturelle du mont Kenya
面積 202,334 ha (緩衝地域 69,339 ha)
登録区分 自然遺産
登録基準 (7), (9)
登録年 1997年
拡張年 2013年
IUCN分類 II(国立公園)、IV(森林保護区)
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ケニア山国立公園の位置
使用方法表示

ケニア山国立公園は、アフリカ第二位の山であるケニア山一帯を保護するために、1949年に設定された国立公園。標高5199mの山のうち、3350m以上の地域が対象となっている。自然林の保護区も含むが、森林保護区設定は国立公園に先んじるものであった。1978年に生物圏保護区 (MAB) にも登録されており、1997年にはユネスコ世界遺産にも登録された。

比較的標高の低い地域には、コロブスなどの猿、およびケープバッファローなどが見られ、ゾウなどの大型動物は標高4500m以上に生息している。

一帯は火山の堆積物で土壌が肥沃であり、斜面を大量の水が流れてくれることから農業に適している。このため、境界領域での人口増加が進んでおり、一部地域ではゾウなどが農地に迷い込まないように通電させた防壁を設置している場所もある。

世界遺産[編集]

1997年にケニア山国立公園などが、「ケニア山国立公園 / 自然林」(Mount Kenya National Park/Natural Forest ; Parc national/Forêt naturelle du mont Kenya) として登録され、2013年にレワ野生生物保全地域を加える形で拡大登録された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。

参考文献[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg ケニアの世界遺産
World Heritage Sites in Kenya

文化遺産
ラム旧市街 | ミジケンダのカヤの聖なる森林群 | モンバサのジーザス要塞
自然遺産
ケニア山国立公園/自然林 | トゥルカナ湖国立公園群 | 大地溝帯にあるケニアの湖沼群
世界遺産 | アフリカの世界遺産 | ケニアの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、ケニアの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。