タイヨウチョウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイヨウチョウ科
アメシストタイヨウチョウ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
小目 : スズメ小目 Passerida
上科 : スズメ上科 Passeroidea
: タイヨウチョウ科 Nectariniidae
学名
Nectariniidae Vigors1825
シノニム

Nectarinidae

和名
タイヨウチョウ(太陽鳥)
英名
Sunbirds

タイヨウチョウ科(タイヨウチョウか、学名 Nectariniidae)は、鳥類スズメ目の科である。

タイヨウチョウ(太陽鳥)と総称する。タイヨウチョウは英語の sunbirds の直訳である。

特徴[編集]

旧世界オセアニア区の熱帯(アフリカ西アジア南アジア東南アジアオーストラリアメラネシア)に生息する。

全長9–22cm[1]は細長く下に湾曲している。は管状。羽色に性的二型があり、雄は鮮やかな色を呈す。花蜜食。

分類・系統は異なるがアメリカ大陸ハチドリ科オーストラリアミツスイ科と同様のニッチを占める平行進化をしている。

系統と分類[編集]

タイヨウチョウ科はハナドリ科 Dicaeidae姉妹群である[2]

Sibley & Ahlquist (1990) では、ハナドリ科オナガミツスイ属 Promeropsタイヨウチョウ科に含められ、狭義のタイヨウチョウ科はタイヨウチョウ亜科 Nectariniinae タイヨウチョウ族 Nectariniini となっていた。ただしオナガミツスイ属との類縁性は薄い[2]

属と種[編集]

国際鳥類学会議 (IOC)[3]より。16属136種。

出典[編集]