デバネズミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デバネズミ科
Nacktmull.jpg
ハダカデバネズミ Heterocephalus glaber
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目(齧歯目) Rodentia
: デバネズミ科 Bathyergidae

デバネズミ(出歯鼠)は、デバネズミ科に属する齧歯類である。サハラ砂漠以南のアフリカに生息する。モグラのように地下トンネルを作り、そこで生活している。トンネルの長さは1kmに及ぶこともある。根菜などの植物を主な食物としている。

特徴[編集]

トンネル内の移動に適した短い手足と円筒形の胴体をしている。一生のほとんどを地中で過ごすため、視覚はほとんどなく、嗅覚聴覚が発達している。デバネズミの外見で特徴的なのが、から大きく飛び出した門歯である。デバネズミ属 Bathyergus 以外のデバネズミは、この門歯を用いて穴掘りをおこなう。デバネズミ属は前足のを用いるが、他のデバネズミに比べ、穴掘りは苦手である。

地中で生活しているため、多くの捕食者から襲われる心配がない。唯一の例外ともいうべき天敵ヘビである。ヘビは穴の中に侵入し、デバネズミを捕食している。

ハダカデバネズミの特異な生態[編集]

ハダカデバネズミの分布図

エチオピアソマリアケニヤに生息しているハダカデバネズミ Heterocephalus glaber は、ハチアリなどの社会性昆虫と類似した社会構造をもつ、つまり、真社会性である。哺乳類では、真社会性はハダカデバネズミとダマラランドデバネズミのみで知られている。他のデバネズミは単独生活、もしくは数頭の小集団で生活しているが、ハダカデバネズミは1つの巣穴の中に80頭以上の集団で生活している。集団のうち繁殖を行うのは、1頭の女王(2頭のこともある)と数頭のオスのみで、残りのメンバーは繁殖をせず、巣穴の維持や子供の世話を行っている。女王が尿と共に分泌するフェロモンによって、他のメンバーの繁殖行動が抑制されていると考えられている。女王は年に4~5回出産し、一度に平均14頭の仔を生む。

分類[編集]

  • デバネズミ亜科 Bathyerginae
    • デバネズミ属 Bathyergus :アフリカ南部に生息する最大のデバネズミ。2種が属する。
  • コツメデバネズミ亜科 Georychinae
    • コツメデバネズミ属 Cryptomys
    • フタイロデバネズミ属 Georychus
    • シルバーデバネズミ属 Heliophobius
    • ハダカデバネズミ属 Heterocephalus :高度な社会生活をする。ハダカデバネズミ H. glaber 1種が属する。