ナンブヒキガエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナンブヒキガエル
Bufo terrestris1.jpg
ナンブヒキガエル Bufo terrestris
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Anura
亜目 : カエル亜目 Neobatrachia
: ヒキガエル科 Bufonidae
: ヒキガエル属 Bufo
: ナンブヒキガエル B. terrestris
学名
Bufo terrestris
(Bonnaterre, 1789)
和名
ナンブヒキガエル
英名
Southern toad

ナンブヒキガエル(南部蟇蛙、Bufo terrestris)は、ヒキガエル科ヒキガエル属に分類されるカエル要注意外来生物

分布[編集]

アメリカ合衆国ヴァージニア州南東部、サウスカロライナ州ノースカロライナ州フロリダ州ミシシッピ州ルイジアナ州

形態[編集]

体長10cm。体色は褐色だが、黒や赤の個体もおり変異が大きい。背面には不規則な暗色の斑紋が入る。皮膚は疣状の突起で覆われる。

眼の間に1対の骨質の隆起がある。

生態[編集]

草原森林、農耕地、民家近く、都市部等幅広い環境に生息する。陸棲で繁殖期以外に積極的に水場に近づくことはない。種小名terrestrisは、「大地の、地上の」の意。夜行性で、昼間は石や倒木の下等で休む。

食性は動物食で、昆虫類節足動物甲殻類、陸棲の貝類ミミズ等を食べる。素早く舌をのばして獲物を捕らえ飲みこむ。

繁殖形態は卵生で、3-10月にの水草や石の下等に長いひも状の寒天質に包まれた卵を産む。

人間との関係[編集]

民家近くや都市部で見かけることもあり、夜間になると街灯に集まる獲物目当てに大量に出没することもあるため生息地では人間に身近なカエルだと思われる。

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されていた。しかし2005年に外来生物法によりヒキガエル属が数種を除いて未判定外来生物に指定され、ヒキガエル属のほとんどの種の輸入が停止した。本種自体は流通量が多く輸入例が確実ということで要注意外来生物には指定されたため流通、飼育に法規制はないが、2007年現在輸入は停止している。

参考文献[編集]

  • 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、251頁。
  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド カエル2 南北アメリカ大陸と周辺の島々のカエル』、誠文堂新光社、2006年、18頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]