ナミエガエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナミエガエル
保全状況評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Anura
亜目 : Neobatrachia
: アカガエル科 Ranidae
: クールガエル属 Limnonectes
: ナミエガエル L. namiyei
学名
Limnonectes namiyei (Stejneger, 1901)
シノニム

Rana namiyei Stejneger, 1901

和名
ナミエガエル
英名
Namiye's frog

ナミエガエルLimnonectes namiyei)は、アカガエル科クールガエル属に分類されるカエル

分布[編集]

日本沖縄島北部)固有種

形態[編集]

体長オス7.9-11.7cm、メス7.2-9.1cm。メスよりもオスの方が大型になる。体形は太い。吻端は突出せず、鼓膜は皮下に埋もれる。背面の色彩は褐色で、暗褐色の斑紋が点在する。腹面の色彩は白く、暗色の不規則な斑紋が入る。

瞳孔菱形で、赤い。後肢の趾の間には水掻きが発達する。指趾の先端は丸く膨らむ。

オスは頭部が大型で、下顎の牙状突起がより顕著。

生態[編集]

山地にある常緑広葉樹林内を流れる渓流の周辺に生息する。半水棲。夜行性で、昼間は岩の隙間などで休む。

食性は動物食で、昆虫甲殻類ミミズなどを食べる。水中でも採食を行う。

繁殖形態は卵生。4-6月に渓流内の水深の浅い場所や湧水溜りなどに卵を産む。幼生は6-8月に変態し、幼体になる。生後3-4年で性成熟するとされる。

人間との関係[編集]

生息地では食用や薬用とされていたこともある。現在は沖縄県天然記念物のため、捕獲および流通は禁止されている。

開発による生息地の減少により生息数は減少している。

絶滅危惧IB類(EN)環境省レッドリスト

Status jenv EN.png

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、126、211頁。
  • 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、305頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館2004年、45頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]