ドクメンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドクメンタ7でヨーゼフ・ボイスが行った『Stadtverwaldung』(都市緑化、7,000本の樫の木プロジェクト)の20年後の姿。フリデリチアヌム美術館前の大きく育った樫の写真

ドクメンタdocumenta)とはドイツ連邦共和国中央部(かつての東西ドイツ国境付近)、ヘッセン州の小さな古都・カッセル1955年以来、5年おきに行われている現代美術の大型グループ展である。あるテーマのもとに現代美術の先端を担う作家を世界中から集めて紹介するという方針で開催されており、美術界の動向に与える影響力が大きく、世界の数ある美術展の中でも「ヴェネツィア・ビエンナーレ」に匹敵する重要な展覧会の一つに数えられる。

一人のディレクターがテーマ選定、作家選定を一任され全責任を負う(ディレクターが数人のキュレーターをさらに集めてチームを組むこともある)。他の美術展にあるような制度はない。

作品はフリデリチアヌム美術館を中心に市内各地に展示される。近年は1回で欧州全土から60万人程度の観客を集め、町おこしにもなっている。

沿革[編集]

前衛芸術の復権[編集]

提唱者アルノルト・ボーデ。ドイツの記念切手より

第1回は1955年に当地在住の美術家、建築家、教師でもあったアルノルト・ボーデが提唱し、同年カッセルで開催された「第3回西ドイツ連邦庭園見本市」の行事の一環として開催された。戦後ドイツの芸術の復興を掲げ、ナチ独裁体制下で退廃芸術として弾圧されたモダン・アートの名誉回復をはかり、20世紀の重要な前衛芸術運動の作家たち(パブロ・ピカソピエト・モンドリアンジャン・アルプアンリ・マティスエルンスト・ルードヴィッヒ・キルヒナーエミール・ノルデほか多数)の業績を振り返る内容の展覧会であった。ボーデのこの計画は国の内外から大きな反響を得、以後ドクメンタは現代美術の動向を映し出す展覧会として確立されるようになる。

この展覧会は第二次世界大戦以後、「文化と芸術の国」から「ファシズムと芸術破壊の国」へとイメージダウンしたドイツ国家のイメージ回復や文化的復権をも意図していた。また東西ドイツ国境で開催することで将来の統合後のドイツの地理的にも文化的にも中心地となることを目指したが、冷戦継続により当面は東側に対する西側(欧米)の自由で先端的な美術のショーケースとして開催されることを余儀なくされた。ゲルハルト・リヒターをはじめ、多くの東ドイツの芸術家がドクメンタを訪れた後に東ドイツからの脱国を決意した。

世界の最重要な展覧会へ[編集]

第2回以降はカッセル市やヘッセン州の出資による「ドクメンタ有限会社」が設立され、以来現在までこの会社の企画・運営によって当初はほぼ4年おき、現在はほぼ5年毎に開催されている。

  • 第2回は回顧展から一転し、同時代の(西欧の)美術動向をまとめた展覧会となった。
  • 第3回以降は展覧会は同時代の美術の動向を端的に示すような主題(テーマ)が決められ、それに沿った作品が発表される。
  • 第4回以降は物故者を除くことになり、同時代の作家だけの参加となり同時代美術(現代美術)のみが展示されるようになった。これにより、美術の現実性・現代性をより反映した展覧会となった。
    • このころ、世界最大の美術展ヴェネツィア・ビエンナーレ(国ごとのパビリオンが賞を競う形式の展覧会)が「美術界のオリンピック」としてアメリカ、フランスほか大国同士のメダル争いの場となり、巨額の資本が動く現場と化して、美術の動向を考える場として有効に機能しなくなったため、国別展示ではなくテーマ展であるドクメンタの「世界最大の現代美術展」としての重要性が非常に高まった。
  • 第5回以来、ディレクター(芸術総監督)が任命され、テーマや作家選定はディレクター個人に一任されることになり展覧会の訴えたい内容がより明確になった。特に第5回はハラルド・ゼーマン(1933年~2005年、スイス生まれ)が任命され話題となった回であった。彼は1969年ベルンで「態度が形になるとき」(When Attitudes Become Form)というコンセプチュアル・アートの伝説的な展覧会をまとめ上げた当時気鋭のキュレーターで、彼の監督した第5回はヨーゼフ・ボイスらを大々的に起用し多くのハプニングパフォーマンスアートを実行させ「美術とは何か」を問うたドクメンタ史上最も美術界に対するインパクトが大きい展覧会であった。しかし観客の評判が悪く展覧会は赤字に終わり、カッセル市が彼を告訴するほどであった。以降、ディレクターの人選と手腕、打ち出すテーマが毎回賛否両論を呼ぶようになった。

冷戦後の混乱[編集]

ジョナサン・ボロフスキーの作品・Himmelsstürmer
第12回(2007年)で展示された田中敦子の作品(1955年発表、2007年再制作)

ドクメンタは毎回白人男性がディレクターであったため必然的に選ばれる作家も西欧か北米の作家が多く、偏りが指摘されていた。特に1980年代にはアジア中南米アフリカの作家を取り上げる展覧会が各地で開催され風向きを変え(例:「大地の魔術師たち」展、ポンピドゥー・センター)、またフェミニズムが美術の世界でも影響を強め第三世界の作家や女性作家を取り上げることも課題となった。

そして冷戦後、ドクメンタは対東側の美術戦略拠点としての役割を終えた。現代美術自体が欧米だけでなく旧東側諸国やアジア・アフリカ・中南米など多様な国からも発信されるようになり、それらを一括りに定義付けることは困難になりもはやドクメンタの意義は薄らぎ形骸化したかのように指摘されるようになった。

  • 1992年の冷戦終結後初の第9回ではベルギーヤン・フートがディレクターに選ばれたが、統一テーマは設けられなかった。また物故者であるにもかかわらずヨーゼフ・ボイスの作品が出展された。37カ国からの作家が選ばれ日本人は川俣正舟越桂竹岡雄二片瀬和夫長沢英俊が出展したが欧米中心のきらいはあり近郊ではドクメンタに対抗した『他文化との遭遇展』が開催された。
  • 1997年の第10回で初の女性ディレクター、フランス人のカトリーヌ・ダヴィッドが就任。欧米中心の作家選定であったが会期中毎日レクチャーを行い、コンセプチュアルアートや映像・写真を中心とした意欲的な展示を行った。
  • 2002年の第11回は一転し、初めてのアフリカ出身者であるナイジェリア人オクウィ・エンヴェゾーがディレクターに就任し「グローバリゼーション」を主題にした。多様な国からの作家参加と、旧植民地内戦をテーマに極めて政治性・社会性の強いドキュメンタリー的な映像作品の多さが特徴であった。他都市での巡回展との共催、シンポジウムなどを積み重ねて展覧会本番に結びつける展覧会作成のプロセスなど、いくつかの手法がわかりにくいと批判されたが今後の展覧会のあり方の参考として注目も浴びた。
  • 2007年の第12回はロゲール=マルティン・ビュルゲルがディレクターとなり、「近代は我々の古代/過去か」「グローバリゼーションの中での剥き出しの生とはなにか」「美術の教育において我々は何をなすべきか」の3つを大まかなテーマとした展示が行われた。会場はカッセル各地の展示空間や宮殿にまで広がる過去最大のものとなり、中世から現代までの世界各地作家の作品が注釈なしに並べられた。全体にこの時期のグローバリズムや現代美術市場の加熱に対するアンチテーゼとなる作品が目立ち、各地の国際展やアートフェアでの人気作家を招待していないことも特徴となった。

データ[編集]

回数 開催期間 参加作家数 ディレクター 来場者数
第1回 1955年7月16日9月18日 148人 130,000人
第2回 1959年7月11日10月11日 338人 134,000人
第3回 1964年6月27日10月5日 361人 200,000人
第4回 1968年6月27日~10月6日 151人 220,000人
第5回 1972年6月30日10月8日 218人 ハラルド・ゼーマン 228,621人
第6回 1977年6月24日10月2日 622人 マンフレート・シュネッケンブルガー 343,410人
第7回 1982年6月19日9月28日 182人 ルディ・フックス ほか 378,691人
第8回 1987年6月12日9月20日 150人 マンフレート・シュネッケンブルガー 474,417人
第9回 1992年6月13日~9月20日 189人 ヤン・フート ほか 603,456人
第10回 1997年6月21日~9月28日 120人 カトリーヌ・ダヴィッド 628,776人
第11回 2002年6月8日9月15日 118人 オクウィ・エンヴェゾー ほか 650,924人
第12回 2007年6月16日9月23日 114人 ロゲール・ビュルゲル 754,301人
第13回 2012年6月9日9月16日 180人 カロリン・クリストフ=バカルギエフ 860,000人

関連項目[編集]

外部リンク[編集]