トル・ホグネ・オーロイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トル・ホグネ・オーロイ Football pictogram.svg
名前
愛称 トーレ
ラテン文字 Tor Hogne Aarøy
基本情報
国籍 ノルウェーの旗 ノルウェー
生年月日 1977年3月20日(37歳)
出身地 オーレスン
身長 204cm
体重 95kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995–1997 ノルウェーの旗 スプイェルキャビク 1 (0)
1997-1999 ノルウェーの旗 フリッジ  ? (?)
1999-2001 ノルウェーの旗 ローゼンボリ 2 (0)
2001-2010 ノルウェーの旗 オーレスン 242 (90)
2011-2012 日本の旗 ジェフ千葉 35 (6)
2013- ノルウェーの旗 オーレスン
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月5日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

トル・ホグネ・オーロイTor Hogne Aarøy1977年3月20日 - )は、ノルウェーオーレスン出身のサッカー選手。ポジションはフォワード

来歴[編集]

スプイェルキャビクILフリッジ・オスロFKを経て、1999年から2001年までは期待の若手選手として国内王者のローゼンボリBKに所属。しかしローゼンボリでは、怪我に悩まされて実績を残すことが出来なかった。

2001年から出身地のクラブである2部のオーレスンFKに移籍し、最初のシーズンで26試合に出場、12得点を記録。翌2002年は得点ランキング2位の17得点を挙げ、オーレスンの1部昇格に大きく貢献した。2003年は1部で6得点に終わり、チームも2部降格となる。以降、オーレスンは2004年に昇格、2005年にまた降格と1年ごとの昇降格を繰り返し、オーロイも目立った実績を残せなかった。しかし、2006年に加入したブラジル人FWデデ・アンデルソン(en:Dedé Anderson)と抜群の連携を見せるようになり、2006年はオーロイが12得点、デデが14得点という大活躍でオーレスン再度の1部昇格をもたらした。2007年以降、オーレスンは1部に定着し、オーロイも活躍。2009年には、32歳にしてノルウェー代表へ初招集を受けたが、試合日程が妻の第二子出産に重なっていたため辞退した。2010年には1部でのキャリアハイとなる12得点を記録。

2011年、10年間にわたって在籍したオーレスンを離れ、初の国外クラブとなるJリーグジェフユナイテッド市原・千葉へ完全移籍[1]

2011年3月6日のギラヴァンツ北九州戦で、2点リードの後半右CKからのボールを頭で決め、移籍後初ゴールを決めた[2]。4月28日のFC東京戦ではマーク・ミリガンのロングスローを頭で合わせ先制点を挙げた[3]。しかし、7月31日に行われた横浜FCで試合中に右膝前十字靭帯部分損傷によって全治3ヵ月を負ってしまったが[4]、10月30日、徳島ヴォルティス戦で久保裕一に代わり復帰した。

2012年は、ベンチ入りが多いにもかかわらず、わずか15試合1得点で留まった。結局、同年12月15日付けて契約満了となり千葉を退団。なお、シーズン終了を持たないまま帰国した[5]

人物[編集]

204cmの長身が武器のストライカー。Jリーグに所属した選手としては史上最長身であり、またJリーグに限らず、フィールドプレイヤーとしては世界で最も身長の高い選手であるとされる[6]

オーロイの加入を受け同J2リーグのFC東京は、急遽「オーロイ君」なるダミー人形を作成[7]、セットプレー対策に用いたが、2得点1アシストと効果は見られなかった。この件についてライターの西部謙司は「付け焼き刃でやっても、ほとんど意味がない」とコメントしている[8]。一方、オーロイ自身は「あの人形のことは知っているよ。上手くできているよね。モビリティは自分と変わらないと思うよ(笑)」と評価した[9]

日本での生活で一番不便なことについて「自分の体型にあった洋服がない」ことを挙げている[10]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ノルウェー リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
1999 ローゼンボリ - エリテセリエン 1 0 1 0 0 0 2 0
2000 13 0 0 0 0 0 0 0 0
2001 オーレスン 9 アデコリーガエン 26 12 0 0 0 0 26 12
2002 30 17 0 0 4 2 34 19
2003 エリテセリエン 23 6 0 0 4 3 27 9
2004 アデコリーガエン 13 6 0 0 0 0 13 6
2005 エリテセリエン 20 4 0 0 3 4 23 8
2006 8 アデコリーガエン 27 12 0 0 2 0 29 12
2007 エリテセリエン 20 6 0 0 3 1 23 7
2008 26 9 0 0 4 4 30 17
2009 27 6 0 0 6 3 33 9
2010 30 12 2 0 2 0 34 12
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2011 千葉 8 J2 20 5 - 0 0 20 5
2012 15 1 - 1 0 16 1
ノルウェー リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2013 オーレスン 19 エリテセリエン
通算 ノルウェー エリテセリエン 243 90 3 0 28 19 274 111
日本 J2 35 6 - 1 0 36 6
総通算 278 96 3 0 29 19 310 117

その他の公式戦

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トル・ホグネ・オーロイ選手の加入についてジェフユナイテッド市原・千葉オフィシャルサイト 2011年01月10日
  2. ^ 第1節 ギラヴァンツ北九州戦(Youtube)
  3. ^ 第8節 FC東京戦(Youtube)
  4. ^ オーロイ選手の怪我について ジェフユナイテッド市原・千葉オフィシャルサイト 2011年08月02日
  5. ^ オーロイ選手契約満了、帰国のお知らせ ジェフユナイテッド市原・千葉オフィシャルサイト 2012年12月15日
  6. ^ 千葉204センチ“世界最長身FW”獲得へ 日刊スポーツ 2010年12月18日付、2011年1月10日閲覧
  7. ^ GK権田 “オーロイ対策”オーライ中日スポーツ【FC東京ニュース】2011年4月21日 紙面から
  8. ^ オーロイという黒船を抑えるには?「人形対策は付け焼刃」西部謙司メールマガジン
  9. ^ オーロイ選手がオーロイくんについて語るBLOGOLA
  10. ^ ジェフ千葉選手インタビュー 2011 vol.03 オーロイWebマガジン『iNSIGHT』