トマス・レイク・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トマス・レイク・ハリスThomas Lake Harris1823年5月15日 - 1906年3月23日)はアメリカ合衆国神秘主義者、詩人、宗教家。性愛哲学の布教者でもある。

経歴[編集]

1823年5月15日にイギリスバッキンガムシャーピューリタンの家庭に生まれ、幼少時に両親とともにアメリカに移住した。一時ユニヴァーサリスト・チャーチの説教師となったが、そのときスウェーデンボリの思想に傾倒したといわれる。1850年頃、ニューヨークで独自の説教活動を開始し、トランス状態で一連の神秘的詩作を行って、多くの信奉者を集めた。1859年頃に宗教共同体「新生兄弟会」(The Brotherhood of the New Life)を創立、その預言者的存在となった。

ハリスの思想は、スウェーデンボリの思想の独自解釈にヒンドゥー教神秘思想が加わったものといわれる。ハリスは正統なキリスト教信仰を非難し、厳しい修練と共同生活を通して神の国を目指す、熱烈な信仰者であった。

1867年7月、ローレンス・オリファントの紹介で、薩摩藩留学生の森有礼鮫島尚信長澤鼎吉田清成畠山義成松村淳蔵の6名がロンドンを出発、ハリスが主宰するコロニーのあるニューヨーク州へ向かった。

さらに、薩摩藩からの第二次留学生の谷元兵右衛門(道之)、野村一介(高文)、仁礼景範江夏蘇助湯地定基の5名が合流し、薩摩藩士総勢11名による共同生活が始まったが、森、鮫島、長沢、野村以外の者はすぐにハリスの元を去った。森、鮫島はハリスのコロニーで1年近く生活し、ハリスから多大な感化を受け、1868年、日本国家の再生を命ぜられ帰国したが、長沢、野村は残った。

森有礼に認められ、キリスト教を学ぶ留学生として、1871年1月23日(明治3年12月3日)、米国に渡った仙台藩新井奥邃は、米国マサチューセッツ州ボストン郊外の村落において労働と冥想の日々を送り、数名の同志と共に田畑を耕し、労働と祈りの生活を実践していたハリスに師事し、その道を学んだ。

1875年(明治8年)2月、教団の移転のため、ハリスと共に、カリフォルニア州サンタローザへ移動。以来約25年間、この地にあって労働と瞑想の日々を過ごし、1899年(明治32年)英語の自著『内観祈祷録』一冊を携えて帰国した話は有名である。

新生同胞教団は、ブドウ農園の経営を行っていて、生涯米国に残留してサンタ・ローザで生活を続けた長澤鼎はカリフォルニアの葡萄王と称えられている。

参考文献[編集]

  • 門田明『カリフォルニアの士魂-薩摩留学生長沢鼎小伝』(本邦書籍、1983年)
  • 福田與編『内観祈祷録』(福田與、1984年)
  • 永島忠重『新井奥邃先生伝』(永島忠重、1929年)

関連項目[編集]