心霊スポット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

心霊スポット(しんれいスポット)とは、幽霊妖怪の出現地、または超常現象が起こるなどとされる場所を指す、近年用いられるようになった俗称である。恐怖スポット怪奇スポットとも言う。

概説[編集]

過去に事件の起きた場所の例:道了堂跡(東京都八王子市)
廃墟となった病院の例:恵心病院(神奈川県厚木市)

墓地古戦場自殺の名所樹海)、山中のトンネルなど、霊が出るという都市伝説的な噂がたっている場所や、病院学校の跡といったいわゆる廃墟と呼ばれる建物、旧道・廃道になって雰囲気がある荒れた場所、あるいは過去に忌まわしい事件・事故が起こった場所などが“心霊スポット”とされるようになることが多い。

元々、幽霊やお化けなどが出没するとされる建物は幽霊屋敷、お化け屋敷などと呼んでいたのであり、現在でもそう呼ばれている。ただし、幽霊屋敷やお化け屋敷と言う時は、原則的に指すのが建物に限定されている。一方、心霊スポットという言葉は、建物に限らず広範囲を指すことができる便利な用語であり、近年日本で広まった。不気味な現象や不可解な現象と遭遇した等の体験談、さまざまなエピソードとともに語られている。

超常現象と呼べるような事態が実際には起こっていなくても、自然発生的に噂が広まって心霊スポットとされてしまっているケースもある。中にはありふれた事件・事故の話に尾ひれがついてが独り歩きし、現場とされる場所が結果的に“心霊スポット”とされてしまうケースや、極端な場合、そもそも事件・事故があったかどうか定かではない場所までもがそう噂されてしまうケース、つまり風評にすぎないものも紛れこんでいる。

テレビ番組や雑誌に取り上げられたり口コミで噂が広まることが多い。人気の無いトンネルや廃病院など、昼間に行っても恐ろしげな外観をしている場所が多いが、夜間になると一層恐ろしさを増す。また、夜間でないと恐ろしさがない場所も多い。

数年ごとに定期的に訪れる心霊ブーム、そして廃墟ブームとも相まって、肝試しなど興味本位で敷地や建造物に不法に侵入する者もおり、騒いだり建造物や器物の損壊に及んだりして近隣住民に被害を及ぼす事件も起こっている。許可なく私有地に侵入することは住居侵入罪が成立する(廃業した施設で廃墟化していても運営母体や管理会社などにより看守されていることもある)が、無人で看守されていない建物等への侵入であっても軽犯罪法により、いずれも処罰の対象となる。また、地元住民も寄り付かないような場所の場合、もし事故が発生したとしても発見や救助が遅れる可能性があり、危険である。

諸見解[編集]

一般に心霊現象は科学的には説明のつかない現象であるとされることが多い。心霊スポットを特集したテレビ番組などでもそうである。

しかし、テレビ番組の中にも、"科学的・合理的に現象を究明している"として、ある種の説明がなされることがある。例えばドラマ仕立ての『特命リサーチ200X』では、心霊スポットとされる土地の発生原因として、土地が帯びている磁気および低周波音が脳に干渉して、幻覚が発生するという説を採用した。心霊スポットが磁気を帯びる主な原因については、次のような事例が紹介された。

  1. 活断層の活動に伴って、岩石が圧縮されて、圧電効果によって生じる地電流によって、地中の岩石が磁気を帯びる。
  2. 火山活動に伴って、磁気異常地帯が形成される。
  3. 鉄分を多く含んだ花崗岩の山の山頂付近に、繰り返し雷が落ちて、大電流が流れることによって、岩石が磁化していく。
  4. 花崗岩で作られた山中の墓石に雷が落ちて、電流によって磁化する。
  5. 落雷が頻繁に起こる鉄橋が、同様の理由で磁気を帯びる。

同番組では、憑依現象やポルターガイストなどの発生原因も、その土地の異常磁気が脳を刺激した結果引き起こされたものと判断した。

脚注[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]