トゥルク・ポリ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥルク・ポリ州
Turun ja Porin lääni
Åbo och Björneborgs län
Turun ja Porin lääni.vaakuna.svg Finnish counties 1996.jpg
1996年の州分割
(1がトゥルク・ポリ州)
成立 1634年
スウェーデン統治下で設立
廃止 1997年9月1日
ヴァーサ州中央スオミ州ハメ州北部と合併
州都 トゥルク
伝統州 南西スオミ
サタクンタ
所属県 南西スオミ県
サタクンタ県
面積
 - 全体

20,721 km²
人口
 - 合計(1993年)
 - 人口密度

731,786人
35.3人/km²

トゥルク・ポリ州トゥルク及びポリ州 (フィンランド語: Turun ja Porin lääniスウェーデン語: Åbo och Björneborgs län)は、かつて存在したフィンランド1634年から1997年まで存在した。フィンランドの最初期の州であり、州域は変遷しつつも存続し、20世紀末まで約360年もの間存続した。フィンランドの州の中で最も長い間存在した州であった。スウェーデン統治時代は、スウェーデン語でオーボ・ビョルネボリ県オーボ及びビョルネボリ県という名前だった。

1634年にスウェーデン統治下のフィンランドで成立した。州名は、州内の都市、トゥルク (フィンランド語: Turku、スウェーデン語名:オーボ (Åbo))とポリ (フィンランド語: Pori、スウェーデン語名:ビョルネボリ (Björneborg))にちなむ。

オーランド諸島もこの州 (県)に含まれていたが、1918年に別州として分離し、1922年にオーランド自治州が確立した。

1994年に、州下に南西スオミ県サタクンタ県が設立された。

1997年9月1日、州の大規模再編に伴って、ヴァーサ州中央スオミ州ハメ州北部と合併して消滅。合併後は、西スオミ州となった。西スオミ州はその後、2010年1月1日に他州と共に廃止され、フィンランドの州の歴史は幕を閉じた[1]

州域の変遷[編集]

1635年のフィンランドの州 (県): 1: トゥルク・ポリ州, 14: ウーシマー・ハメ州, 18: ポフヤンマー州, 20: ヴィープリ・サヴォンリンナ州, 21: カキサルミ州
1831年のフィンランドの州: 1: トゥルク・ポリ州, 2: ウーシマー州, 3: ハメ州, 4: ヴァーサ州, 6: ミッケリ州, 8: クオピオ州, 10: オウル州, 13: ヴィープリ州
1996年のフィンランドの州: 1: トゥルク・ポリ州, 2: ウーシマー州, 3: ハメ州, 4: ヴァーサ州, 5: キュミ州, 6: ミッケリ州, 7: 中央スオミ州, 8: クオピオ州, 9: 北カルヤラ州, 10: オウル州, 11: ラッピ州, 12: オーランド自治州
合併後の1997年のフィンランドの州: 10: オウル州, 11: ラッピ州, 12: オーランド自治州, 22: 南スオミ州, 23: 西スオミ州, 24: 東スオミ州

自治体 (1997年時点)[編集]

歴代知事[編集]

  • Bror Rålamb 1634–1637
  • Melkior von Falkenberg 1637–1642
  • Knut Lillienhöök 1642–1648
  • Lorentz Creutz (elder) 1649–1655
  • Erik von der Linde 1655–1666
  • Ernst Johan Creutz (elder) 1666
  • Harald Oxe 1666–1682
  • Lorenz Creutz (younger) 1682–1698
  • Jakob Bure 1698–1706
  • Justus von Palmberg 1706–1714
  • Johan Stiernstedt 1711–1713 (acting) and 1714–1722
  • Otto Reinhold Yxkull 1722–1746
  • Lars Johan Ehrenmalm 1744–1747 (acting) and 1747–1749
  • Johan Georg Lillienberg 1749–1757
  • Jeremias Wallén 1757–1768
  • Kristoffer Johan Rappe 1769–1776
  • Fredrik Ulrik von Rosen 1776–1781
  • Nils Fredenskiöld 1780 (acting)
  • Magnus Wilhelm Armfelt 1782–1790
  • Joakim von Glan 1790–1791 (acting)
  • Ernst Gustaf von Willebrand 1790–1806
  • Olof Wibelius 1801–1802 (acting)
  • Knut von Troil 1806–1816
  • Otto Herman Lode 1811–1813 (acting)
  • Carl Erik Mannerheim 1816–1826
  • Lars Gabriel von Haartman 1820–1822 (acting)
  • Eric Wallenius 1822–1826 (acting) and 1826–1828
  • Adolf Broberg 1828–1831
  • Lars Gabriel von Haartman 1831–1842
  • Gabriel Anton Cronstedt 1840–1842 (acting) and 1842–1856
  • Samuel Werner von Troil 1856 (acting)
  • Carl Fabian Langenskiöld 1856–1858
  • Selim Mohamed Ekbom 1857–1858 (acting)
  • Johan Axel Cedercreutz 1858–1863 (acting) and 1863
  • Carl Magnus Creutz 1864–1866 (acting) and 1866–1889
  • Axel Gustaf Samuel von Troil 1889–1891
  • Wilhelm Theodor von Kraemer 1891–1903
  • Theodor Hjalmar Lang 1903–1905
  • Knut Gustaf Nikolai Borgenström 1905–1911
  • Eliel Ilmari Wuorinen 1911–1917
  • Albert Alexander von Hellens 1917 (acting)
  • Kaarlo Collan 1917–1922
  • Ilmari Helenius 1922–1932
  • Wilho Kyttä 1932–1949
  • Erkki Härmä 1949–1957
  • Esko Kulovaara 1957–1971
  • Sylvi Siltanen 1972–1977
  • Paavo Aitio 1977–1985
  • Pirkko Työläjärvi 1985–1997

脚注[編集]

  1. ^ New regional administration model abolishes provinces in 2010”. HELSINGIN SANOMAT. 2012年7月15日閲覧。