ラッピ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラッピ州
Lapin lääni
Lapplands län
Lapin läänin vaakuna.svg Lapin lääni.sijainti.suomi.2009.svg
成立 1938年
オウル州から分離、成立
廃止 2010年1月1日
ISOコード FI-LL
州都 ロヴァニエミ
伝統州 ラッピ
ポフヤンマー
所属県 ラッピ県
面積
 - 全体
順位 1位
98,946 km²
人口
 - 合計(2002年)
 - 人口密度
順位5位
187,777人
2.0人/km²

ラッピ州 (フィンランド語: Lapin lääni、スウェーデン語: Lapplands län)あるいはラップランド州は、かつて存在していたフィンランドの州。最も北に位置するフィンランド最大のであった。ラップランドのうち、フィンランド領の部分。南でオウル州に隣接する。州都はロヴァニエミ。州の領域の半分以上が北極圏内である。州に属する県は、ラッピ県ただ一つで、ラッピ州とラッピ県は同一視されることが多かった。1938年にオウル州から分離して設置された。2010年1月1日、他の州と同じく廃止された[1]

行政区[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ New regional administration model abolishes provinces in 2010”. HELSINGIN SANOMAT. 2012年7月15日閲覧。