ケックスホルム県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケックスホルム県
Kexholms län
Käkisalmen lääni
Finnish counties 1635.jpg
1635年のフィンランドの県 (州)分割
(21がケックスホルム県)
行政府所在地 ケックスホルム
成立 1634年
スウェーデン統治下でカレリア県として成立
廃止 1721年
県域の大部分がロシア帝国へ割譲され崩壊

ケックスホルム県(‐けん、スウェーデン語: Kexholms länフィンランド語: Käkisalmen lääni)は、1634年から1721年まであったスウェーデン統治下のフィンランド。その大部分は大北方戦争の結果、ニスタット条約によりロシア帝国へ割譲された。県都ケックスホルム(フィンランド語名 カキサルミ)は現在のプリオゼルスクに当たる。フィンランド語では、カキサルミ州と呼ばれる。

県域は北はリエクサ、東はヒュルシュラに達した。ヴィボリ・ニュースロット県に隣接する。ロシア帝国への割譲後、スウェーデン側に残った領地は、ヴィボリ・ニュースロット県を再編したキュメネゴルド・ニュースロット県に編入された。

元ケックスホルム県域は、1812年に「古きフィンランド」の一部としてフィンランド大公国の一部となり、ヴィープリ州となった。しかし県の最北部は、1808年から1809年にかけての第二次ロシア・スウェーデン戦争(フィンランド戦争)までスウェーデン領に残っていた。

州域の変遷[編集]

1635年のフィンランドの州 (県): 1: トゥルク・ポリ州, 14: ウーシマー・ハメ州, 18: ポフヤンマー州, 20: ヴィープリ・サヴォンリンナ州, 21: カキサルミ州
1721年のフィンランドの州 (県): 1: トゥルク・ポリ州, 14: ウーシマー・ハメ州, 18: ポフヤンマー州, 19: サヴォンリンナ・キュメンカルタノ州

歴代知事[編集]

  • Henrik Månsson 1634–1636
  • Magnus Nieroth 1636–1641
  • Henrik Piper 1641–1642 (acting)
  • Reinhold Mettstake 1642–1652
  • Patrick Ogilwie 1660–1674
  • Berendt Mellin 1674–1690

関連項目[編集]